共働きもなこの日常

大阪在住共働き夫婦の妻です。独身の頃と比べていろいろ制限はあるけれども人生チャレンジしたい!私の自己研鑽自己満記録です。たまにおすすめ観光スポットも紹介します。

【Netflixおすすめ】シンガポールソーシャルを観た感想【シンガ版テラハ!?】

こんにちは。共働き嫁のもなこです。
何回かこのブログでも書いていますが私はテラスハウスが大好きで毎週火曜日の最新話の配信を楽しみに仕事を頑張っています。

直近のTOKYO2020編では今時イケイケ女子大生の愛華ちゃんとパワフルプロレスラーの花ちゃんの軋轢がめちゃくちゃ面白くなってきたばかりですね。続きが気になる…なのに!なのに!先週はNetflixでの配信はお休みでした。気になる。気になって仕方ない。でもどう頑張っても配信はない。過去エピソードでも観るか…そう思ってた私にNetflixがお前、これで心の穴埋めろよと勧めてきたコンテンツ。それが、、

Singapore social(シンガポールソーシャル)

f:id:workmonchin:20191207195636j:plain

巷ではシンガポール版テラハとして紹介されてたり。経済大国そして様々な国にルーツを持つ人々が住まうシンガポール。そんな自由を謳う国に生きる若者の葛藤や悩みにフォーカスしたリアリティーショー。簡単に纏めるとこんな感じでした。

1話30分強で全8話しか配信されていないので案外さくっと観れます。手軽にさくっと観れたというのもありますが思っていた以上に面白かったので一気観してしまいました。

番組中には起業をしたりインフルエンサーだったりポップ歌手だったりそりゃあまぁキラキラした若者たちがたくさん出てきます。その中でも私が一番好きな人物がインフルエンサーのメイちゃん。

華僑系のメイちゃんはファッション関係の家業を手伝っておりSNSで圧倒的な影響力を持っている、らしい。(だからインフルエンサーとして番組中では紹介されているのだが。)

f:id:workmonchin:20191207195703j:plain

とびきり美人という訳でもないのですが何より彼女の中身がかっこいい。自分の意見も持ってるし強くたくましいんだけど、クラブではみんなでノリノリに踊ったり、時に友達には厳しい意見を言いつつも温かく見守ったり、バランス感覚がずば抜けてるんです。

特に印象的だったのがバーレスクでダンサーとして活躍するスーキが色々お節介をしてしまい、その事で友達に責められて泣いてしまった時。それをいち早くそれを発見したのがこのメイちゃん。優しくスーキを抱き締めながら「よかれと思っている事でもそれを相手が望んでいないんだったら言わないほうがいい。貴女がやるべきことは相手と向き合う事」とごもっともな意見を述べて背中を押したシーン。すごく頭が良くて思いやりのある女性なんだなと感じました。

可憐で少し弱くて一歩下がったような女性像が未だに日本では需要が高かったりしますが、メイちゃんを見ていると新時代の女性の新たな姿というか、この予測不能な時代を自分の足で生きるロールモデルに成り得るなぁ~と思いました。

この番組、出てくる登場人物の人種や国籍はもちろん、住む世界が我々と違いすぎるので一見共感し辛いように思えるのですが実際はそんな事はあまりなくて。というのも彼らが抱えている悩みがめちゃくちゃ人間臭いんですね。例えば母親との距離の取り方とか30を越えても実家暮らしの男性の複雑な心境とか所謂セフレとの今後の関係や周囲からの目だったりとか。

シンガポール自体がめちゃくちゃ自由を謳っている国だからこそ、少し時代遅れに感じてしまう家族観にそれぞれが悩まされていて、ある意味日本の若者よりもみんな悩んで葛藤してもがいているように見えました。そしてみんな真剣に自分は何者か?ということを追及している。

どんなに金持ちになっても有名になっても国が変わっても、人間が思い悩むことって案外みんな同じなのかもしれないなーと思いました。

あと冒頭、シンガポールソーシャルはシンガポール版テラハだ!と紹介しましたが、個人的には全然違うと思っています。悩みの質に優劣はないけれども、彼らが課題に感じている事とテラハメンバーが日々悩んでいることは次元が違いすぎる(笑)テラハがある意味男女の恋愛にフォーカスしているのに対し、シンガポールソーシャルは恋愛だけではなく、登場人物の人生そのものを追っている作りになっているのでより等身大な感じがしました。

リアルシングリッシュも楽しめるので英語の勉強されている方もぜひ。

【梅田新スポット】リンクス梅田に行ってきた【アラサー女子が語る感想】

こんにちは。共働き嫁のもなこです。あまりブログの更新が出来てなくて自分の三日坊主な性格に激しく自己嫌悪な毎日です。またぼちぼち頑張っていこうと思います。

さて、昨日ヨドバシカメラ梅田タワーに誕生しました商業複合施設の「リンクス梅田」に行って参りました。この日がオープン初日だったので混んでることを覚悟で訪れましたが、思っていたよりは空いていてラッキーでした。191ものテナントが入っているので全ては回っていませんが、ざっと見た感想をのべたいと思います♪

①購入したものは地下1階の食品売り場からのみ

結局、私が商品を購入したのはこのフロアのみでした。日本各地の名産品が売っている「ニッポンスタンダード」にて、お酒のアテになりそうなものを数品買いました。珍しい調味料やお菓子もたくさん売っていて、見ているだけで面白かったです。

f:id:workmonchin:20191117153434j:plain

あと、フリーズドライ食品で有名なアマノフーズが運営している「アマノフリーズドライステーション」も関西初出店だったので覗きに行きましたが購入はせず。スーパーでよく見るものも多く、また値段も安い訳ではなかったので。

その他お花屋さんもあったり生鮮食品やデリが売っている一角もあったりとバラエティに富んだフロアでした。

②アパレル系ブランドはアラサー女子にはイマイチ

人によりけりだと思うのであくまで私の感想ですが、今後リンクス梅田で服を買うことはないだろうな(特に通勤着)と思いました。入っているブランドが比較的プチプラかつカジュアルなものが多かったので、アラサーOLがよく読む雑誌に載っているようなブランドの服はあまりない印象。

そんな中、予めフロアマップでテナント一覧を見て、唯一楽しみにしていたのが「Otto FABIA」でした。たまーに購入するファッション通販のFABIAの実店舗で、それこそ通勤着でカワイイものもよく見かけていたのでどんな感じだろう?と楽しみにしてました。が、こちらもイマイチ。値段も安くなく品揃えもそんなに多くなかったので特に購入には至りませんでした。

③店舗通路が狭い

周辺にある大手百貨店はもちろん、その他商業施設と比較して通路が狭いなーと思いました。なのでお子さま連れでベビーカーと一緒に来られる方は、ゆっくり買い物することが難しくて苦労されるかもしれません。


そんなこんなで期待値が高かった分、物足りなく感じる部分が多かったリンクス梅田でした。ただメディアでヨドバシホールディングスも発言されているように、訪日外国人の方も意識した店構えや品揃えになっているので、他梅田界隈の商業施設とは一線を画すことは間違いないです。まぁ、ここでしか買えない!とかっていう商品以外は、わざわざリンクス梅田に行こうとはならないかな~といったアラサー共働き女子の感想でした。

f:id:workmonchin:20191117153617j:plain

【ダイエット】アラサー女子が語るビーモンスターの効果①【暗闇フィットネス】

こんばんは、共働き嫁のもなこです。

さて、先日暗闇フィットネスのb-monster(通称ビーモン)に通い始めたと書きましたが入会からめでたくもうすぐ約2か月を迎えようとしています。過去、通っていたフィットネスジムに3か月目で全く行かなくなった経験を持つこの私が、ビーモンに関しては最低でも週2回は絶対通うくらいどはまりしてます。週末に至っては1日に2レッスン受けるなど、もはやビーモンに通う事は私のライフスタイルになりつつあります・・・。

 

そんなビーモンに通って約2か月。私の身体にどんな変化が現れたのか?スポーツの秋!何かフィットネスジムに通ってみようと考えている方の少しでも参考になれば^^

 

変化① 体重が少し減った

大暴露しますとビーモンに通う前の私は身長164センチに対し体重55キロでした。ピークで痩せていた20代前半頃は50キロを切る事もあったので、それと比較するとだいぶ私も重厚感を増したという事になります。

 

入会してから1か月頃まではほぼほぼ体重に変化はなかったのですが、1か月を過ぎた頃からたまーに体重が56キロ台にのる事があり、あれれ~?筋肉かな~??とか思ってましたが。。。先日測定したところなんと54キロ台前半に!パチパチ!!

 

まぁたった約1キロの減量なので何とも言えませんが、やっぱり少しでも体重が軽くなると嬉しいですよね。また自分でいうのもなんですが、もともととてつもなく太ってるとかそういうタイプでもないので、そういう意味でいくと1.5キロの体重減少はなかなかの進歩かな~と。これからもどんなかんじで体重が推移しているかはレポートしたいと思います。

 

変化② お腹がひっこんだ!!

これが一番でかい。元々私は結構な幼児体型でして、ピークで痩せていた時でさえなぜかお腹はぽっこり、特におへその下にお肉たんまりといったような感じでした。ですが、ビーモンに通い始めてから、本当におなかがへっこんだ!!てか、なんならうっすら腹筋も割れだしました。すごいぜ、ビーモン・・・。実際ウエストもかなりゆるくなって、通勤用のパンツもベルト無しでははけなくなってきてます。

 

変化③ 肩こりなくなった!!

社会人5年目くらいから慢性的な肩こりに悩まされていた私。定期的にマッサージ屋でほぐしてもらうも翌日にはすぐ元通り。ひどい時には肩こりからくる頭痛や吐き気に襲われる事もしばしばありけっこうな悩みの種でしたが、ビーモンに通い始めてから肩こりが不思議となくなりました!おそらく運動する事によって血流が良くなった事や、ボクシングのパンチの動きで肩甲骨周りを動かすので凝りもほぐれていったのでは?と推察。やはり適度な運動って大事ですね。なんでもっと早く始めなかったんだろう。

 

そんなこんなで良い事づくめの私のビーモンライフ。

 

ちなみに食事制限は一切してません。してませんが、ビーモン後は「せっかくあんなにきついトレーニングしたのにこの努力を無駄にしたくない・・!」という気持ちから、野菜中心高たんぱくメニューの摂取を自然に心掛けるようになりました。この私がまさかのプロテインを飲んだり・・。なんでも人間の身体は運動後約2時間、カラカラのスポンジ状態にあるそうで、この時間内に摂取した栄養は通常よりも高い吸収率で身体に取り込まれるそう。なので運動後、いっぱい動いてお腹が空いたからといって好き放題食べていると逆に太ってしまったりとかもありえるそうで!なおさら食事の仕方が気になりますよね。

 

 また私はポラールという心拍数を測定し消費カロリーを算出する機械を付けてプログラムに参加しています。別売の装着ベルトさえ最初に購入すれば、この機械自体はスタジオでいつでも無料で貸し出しして頂けます。このポラールで測定したところによると、私の1プログラムあたり(45分間)の消費カロリーは大体平均400~480カロリーほど。私と全く同じ体格の女性がこれと同じくらいのカロリーを消費しようと思うと、最低でも60分以上ランニングをする必要があるそうで。かたやビーモンではきついながらもたった45分間で、楽しみつつストレス発散しながら同じくらいのカロリーを消費できる・・。めちゃくちゃすごくないですか!??

 

そんなこんなですっかりビーモンにはまっているわたくし。

これからも定期的にビーモン情報は更新していきたいと思います♪次はお気に入りプログラムとかパフォーマーさんについて書きたいなぁ~。

 

ほな!

 

暗闇フィットネスb-monster(ビーモンスター)を体験してきた~当日の持ち物やレッスン内容など~

こんにちは。共働き嫁のもなこです。

あっという間に3連休も最終日。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

先日、今話題の暗闇フィットネスの体験会に参加しまして、その面白さに魅了されちゃっかり入会してしまいました。かつてダイエット目的でジムに入会したものの、3か月目にして全く通わなくったこの私ですが、この暗闇フィットネスには週3日程度通う事が出来ており今や新たな趣味になりつつあります。今日はもはや私のライフワークの一部となりつつある暗闇フィットネスの体験会のレポートを書きます!ちょっと気になる、行ってみたいけど勇気が・・・と言った方々の少しでも参考になればうれしいです。

 

そもそも暗闇フィットネスとは、その名のとおり薄暗いスタジオで身体を動かすというもの。多くの暗闇フィットネスはそこにEDMのようなノリノリの音楽を合わせる事で、まるでクラブさながらのような空間でフィットネスを楽しめます。暗闇にする事で周囲の方の目線が気にならなくなり誰かに見られているという意識がなくなるので、より身体を動かす事に集中できる効果もあるのだそう。日本でもここ数年、暗闇+自転車や暗闇+トランポリンなど様々な形態のものが上陸していますが、今私が通っているのは暗闇+ボクシングで話題沸騰のB-monster(ビーモンスター、略してビーモン)です!!!

 

そんな私がはまりにはまっているビーモンスターの体験会について、当日の流れを以下お話していきます!

 

①予約について

予約はビーモンスターのHP上で行います。自身が行きたいスタジオを選択し、そこで受けたいレッスンを選び体験予約します。ちなみにビーモンスターには無料体験会というレッスンがあり、その名のとおり体験の方だけを対象とし、パフォーマーと呼ばれるインストラクターが丁寧に実際のレッスンで行う動作説明をしてくれるものもあるのですが、私はこれを受講せず、メンバー会員向けに実施されているレッスンに体験として参加しました。

 

②当日の持ち物について

当日はレッスン後、汗だくになるので替えの下着のみを持参。その他のウェア、タオル、ボクシングで手に巻くバンテージと呼ばれる布、そしてお水までもがスタジオで用意いただけます。私が通っている梅田スタジオはレッスンは基本裸足で受講するので、トレーニングシューズも必要ありません。ほぼ手ぶらでOK。

 

③当日の流れ(チェックイン~レッスン受講前)

体験日当日は30分前にはスタジオに到着するようにします。そしてスタジオに到着したらカウンターのスタッフに体験である旨を告げます。ここで先ほど②で書いたスタジオで用意してくれるウェアなどのグッズ一式が渡され、更衣室の説明やバンテージの巻き方などの説明を3分くらいで簡単に受けます。カウンターのスタッフの方が若くてアラサー少しびびりますが、非常に丁寧な説明で好印象。

 

④いざ、レッスン!

レッスンが始まる前に体験の方向けにパフォーマーの方がボクシングの攻撃そして防御の型の動作説明をして下さり、5分程度でそれを見よう見まねで覚えます。といってもそんなに難しい動作はないのと、周りのベテラン(と思われる)メンバーの方の動きをレッスン中カンニング出来るので心配ご無用。また多少間違っても暗闇かつ相当ハードなトレーニングのため、だれも他人の事を気にするような環境ではないのでこのあたりも心配ご無用。

 

レッスンは全体45分間ノンストップで実施され、最初の10分は筋トレなどを行い心拍数を上げる事で脂肪が燃えやすい身体にするサーキットパート。次の10分はエアーでボクシングの型を確認するシャドーパート。そして最後の25分で実際にグローブをはめ、目の前にあるサンドバックをひたすら殴り続けるボクシングパートで構成されています。サーキットパートでかなりきつい筋トレや有酸素運動系の動作をするので、開始10分もしないうちにあり得ない量の汗が出てきます。またサーキットパートが終わってシャドーやボクシングパートに移っても、ところどころでサーキットパートで実施した動きが挟まれるので全身の筋肉が悲鳴を上げだします。

 

ちょっと思ったのが私は高校までずっと運動部に所属していたので、サーキットパート実施される各動作について、周りを見ずともパフォーマーの方の指示(キューイング)だけである程度何をすれば良いのか判断がついたのですが、これってもしかして今まで運動に無縁の方からすると結構戸惑うポイントかな?と思いました。例えば腕立ての姿勢から両足を地面で蹴り上げジャンプするバーピージャンプとかって、名前を聞いただけでは元運動部やフィットネスに関心のある方以外からすると、言われても迷子になっちゃうかもなと感じました。そういった意味ではいきなり体験として正規のレッスンを受講するのではなく、前述した無料体験会を受講するのもアリなのかもしれません。

 

45分間はただただ苦しい時間が続きますが、暗闇という非日常、爆音の音楽、そしてパフォーマーの方のかっこいい煽り(「もっともっと!」「できるできる!」といったような声掛け)が気分を高揚させ案外あっという間に終わってしまいます。また終わった後は謎の爽快感と達成感に包まれ、アドレナリンみたいな物質が全身を駆け巡っている事が実感できます。

 

⑤入会手続き

そんなアドレナリンまみれになった私はレッスン終了後、即入会を決めました。更衣室で服を着替え、借りていたウェアを返す時に自ら入会の意思を告げました。カウンターのスタッフの方は全く勧誘してくる素振りがなくw、すこし気恥ずかしい感じでしたが自ら「入会します」と言いました。手続きについてもめちゃくちゃ簡素化されてて、必要事項を自らカウンター横にある端末に投入して、月額料金が課金されるタイミングやレッスンを受ける上での注意事項など簡単に説明を受け、メンバーカードを渡された後あっけなく終了。以前入会した某大手ジムでは、入会の際に目標体重やなりたい自分像などかなり細かい事をトレーナーの方とマンツーマンで話した記憶があるのですが、それらとは本当に対照的。入りたかったら入れば?的な強気な姿勢、私は大好きです!きっとそれくらい他のフィットネスジムとは差別化できている自信があるから、キャンペーンをうたい文句に無理な勧誘はしてこないんだろうな~

 

そんなこんなで入会したビーモンスター。

なんだかんだめちゃくちゃはまってます。はまってるポイントとかダイエットとかボディメイク面での変化はまた追々書いていこうかなと。

 

ちなみに体験レッスンは受講料3,500円が必要です。月額料金についてはスタジオによって微妙に違いますが、どのスタジオも概ね15,000円程度。入会金も15,000円ですが体験レッスン受講当日に入会を決めればこちらは無料。他のフィットネスジムと比較しても値段は決して安くない印象。でもスタジオのインスタ映えを意識したような凝った作りや行き届いた清掃、各パフォーマーが提供するレッスンのクオリティの高さを踏まえると、全く違和感なく今のところは払い続けられるかな?と思っています。(余談ですが梅田スタジオの女子更衣室に置いてあるアメニティは無印良品で統一されていて、ドライヤーもダイソンもしくはヘアビューロンが完備されいています。金かけてますな~)

 

ほぼ手ぶらで行けるので興味がある方はぜひ門扉をたたいてみてはいかがでしょうか?

【週末おでかけ】奈良県おすすめカフェ~美味しいパッピンスを食べよう~

こんにちは、共働き嫁のもなこです。

今日は久しぶりにおでかけ記事です。

 

先日、主人と一緒に奈良県までパッピンスを食べに行きました。パッピンスとは韓国のかき氷の事で、「パッ」が小豆で「ピンス」が氷という意味です。一般的なパッピンスは名前のとおり小豆が入っていて、あとは求肥、フルーツ、コーンフレークなどなども入っていて真ん中に乗っているバニラアイスクリームとぐちゃぐちゃに混ぜて頂きます。鶴橋コリアンタウンで美味しいパッピンスをよく頂くのですが、今回たまたま奈良県明日香村にパッピンスが有名なお店を見つけたのでドライブがてら行って参りました。

 

大阪市内から高速道路を使って奈良県明日香村まで大体約1時間。明日香村は奈良県の中央部に位置し、飛鳥時代の古墳が数多く残る自然ゆたかな村です。

 

さて、そんな明日香村にあるパッピンスが有名らしいカフェことだまさんにようやく到着♪

f:id:workmonchin:20190913173543j:plain

 

 

お店はかつての古民家を改装したような感じになっており和の雰囲気で落ち着く・・・。どうやらかつては酒蔵だったらしく、築200年ほどの建物だそう。私たちが訪れたのは平日でしたが、店内はすでに満席で3組ほど待っている方がいらっしゃいました。客層は女性が多く大学生くらいの若い方が目立ちましたが、店内はとってもしずかでくつろぐ事が出来ました。

 

そしてお目当てのパッピンス~!!!

 

f:id:workmonchin:20190913173731j:plain

 

f:id:workmonchin:20190913173801j:plain

 

私はノーマル、主人はメロンのパッピンスを選びました。どちらもたくさんのフルーツが贅沢に使われていますが、何よりこのメロンのパッピンス!ちょっとやりすぎじゃないですか??メロン半分の果肉をちりばめて器もメロンなんて・・。上に少しかかってるナッツがアクセントになって最高。私のノーマルのパッピンスも夏らしくすいかも入っていて、ベリーの甘酸っぱさも際立ちとても爽やかなお味でした。ノーマルのほうが確か1000円弱、メロンが1450円とデザートにしては少々値が張りますが、この贅沢さ、豪華さをを踏まえるとかなりお得なデザートなのではないでしょうか?

 

今回は頂きませんでしたが他のデザートメニューもとっても美味しそうで、シフォンケーキやいちごパフェなど、素材を生かした贅沢なメニューがたくさんありました。

 

近鉄飛鳥駅から約3キロほど離れているので、車でないと訪れるのは難しいかもしれませんが、まだまだ残暑厳しい日が続くのでぜひ週末のお出かけにいかかでしょうか。ちなみにカフェに駐車場もありますが、狭い小道を入っていかなくてはならないので(おそらく軽自動車くらいしか無理なんじゃねレベル)私たちは歩いて5分ほど離れた場所にある公営駐車場に車を停めました。料金は一律500円でとても広いのでおススメ。

 

goo.gl

【おすすめ韓国ドラマ】30代女性におすすめNetflixドラマ~ある春の夜に~

こんばんは、共働き嫁のもなこです。

今日は久しぶりにおススメ韓国ドラマの感想記事を書きたいと思います。

 

本日感想を述べさせていただくドラマはこちら↓↓

Netflixオリジナル「ある春の夜に~one spring night~」

 

韓国では今年の5月に放送されていたようで、そんなほやほやのドラマが日本でもすぐに観れちゃうなんて冷静に考えるとすごいな!Netflix!!!

 

観ようと思ったきっかけや動機は特になく、出張先のホテルで暇をつぶすために何となくおススメに出てきたので視聴し始めました。まず何よりハン・ジミンの可愛さにびっくり。実年齢も36歳(?)とかなのに全然見えない!でも可愛いだけじゃなくて大人の女性の雰囲気もあるし髪型も似合ってるし服装も素敵だし・・・。あとはトッケビ、そして途中で観るのを断念してしまったあな眠に出ていたチョン・へイン!え??え????こんなにかっこよかったっけ????

 

ネットの感想を観ると「つまらなかった」「ストーリー展開がもどかしい」等けっこうネガティブなコメントも多く見受けられましたが、私はこの淡々と流れるストーリーがリアルでBGMも切なくてオシャレであっという間に完走してしまいました。実は私、途中でドラマに飽きてくるとネタバレサイトであらすじを先に読んでしまう癖があるのですが、このドラマはその私の悲しき癖が一切出なかった!ネタバレしたくない!もったいない!!といった誰しもが持っている感情を始めて味わう事が出来ました笑

 

ネタバレしたくない!と思えたひとつのポイントに、ハン・ジミン演じるジョンインの何があってもチョン・へイン演じるジホを好きという気持ちを曲げないという芯の強さが、後半のストーリーをぐいぐい牽引してくれていたので「あぁあ、ふたりは結ばれるのか!?」といったようなハラハラ感が良い意味でなかったからかもしれません。またそのジョインの芯の強さに負けないくらい、ジホの誠実で真っ直ぐな性格がドラマの中で美しく描かれていました。

 

1話でふたりが初めて薬局で出会った時、二日酔いでげろげろ状態のジョンインに合う薬を見繕ったジホ。ジホが流れに任せて薬を開封してしまい、それをジョンインが飲み終えた後に財布を忘れてお金が払えない事に気が付くのですが、気の強いジョインは「勝手に開封したそっち(ジホ)が悪い」と言います。それに対しジホが優しいまなざしで「そうですね。」と同意する・・・。その姿に少し驚くジョイン・・。この時の2人のやり取りが、今後の2人の関係性や、ジョインが今自分が付き合っている彼氏にはない優しさを持っているジホに自然に惹かれていく未来を示唆しているように思えます。(てか最初にこのシーンを観た時、韓国では栄養ドリンクとか薬をその場で開封して服用するのが普通なのかとカルチャーショックを受けた・・笑 やっぱりこれは特殊なのね笑)

 

ドラマの中ではジョンインの彼氏のギソクオッパがとても粘着質で悪い男のように描かれていますが、普通に考えて4年付き合って結婚も考えていた彼女をぽっと出てきたどこの馬の骨かも分からない男に取られたら、そりゃあ動揺するし取り返そうとするよな~・・。ジョンインがギソクと別れ話をする時に「愛しているふりをしていてごめん。私たちはお互い傲慢だったのよ」と言っていますが、妙齢の女性の中にはジョンインのようなお付き合いをしている人も多いのでは・・?と感じました。心の中ではこの人とこのまま一緒になって良いのか?という疑念を抱きつつも、でも決定打がない限り今さら別れる選択肢もないし、まぁ、このまま成り行きで・・といったような、ある意味惰性のような関係性を続けている女性は案外多いかもしれません。ジョンインの場合はジホと出会った事で、一気に今までの自分の人生に清算をかける事になるのですが。

 

またイ家三姉妹の末っ子であるジェインが個人的にこのドラマで一番好きな登場人物だでした。一見自由で世話の焼ける末っ子に見せかけて、おそらく三姉妹の中で一番大人で冷静な性格だったのでは?夫からDVを受けていた長女ソインに対しても、義兄に立ち向かいつつも「お姉ちゃんもしっかりして!」と叱咤している姿に底深い愛を感じました。

 

「幸せ」とは周りが決めるものではなく自分が決めるもの。

 

ジョインやイ家の三姉妹の生き方をみているとそう思えてきました。

 

韓国ドラマにありがちなジェットコースターのような物語の展開が好きな人には少し退屈に感じてしまうかもですが、30代の男女なら日本人であっても共感できる事が多いドラマなのでは?おススメです!!

 

【読書感想文】伊坂幸太郎さん初心者の私が有名な2冊を読んでみた感想

こんにちは。共働き嫁のもなこです。

今日は最近読んだ本の感想を記事にしたいと思います。先日、嫌われる勇気という本を読んだ後にも感想を記事にしており、今後自分のアウトプットの練習のためにもなるべく本を読んで感じた事を書き留めておきたいな~と思います。

 

 

今回の読書感想文はかの有名作家、伊坂幸太郎さんの本を2冊読み終えたので、その感想をつらつらと・・。ちなみにエクスキューズしておくと、私は伊坂幸太郎さんの作品については超初心者なので、往年のファンの方々からすると「君は何もわかっていない!」と感じられる部分も多いかと思いますが、あくまで理解力に乏しい素人の戯言だと温かい(?)目で見守っていただければ・・。また私と同じく伊坂幸太郎さん初心者の方には少しでも参考になるような紹介記事になればと思って書き留めます。

 

読んだのはこの2冊。

 

■ラッシュライフ

■ホワイトラビット

いずれもかなりの有名作品。ラッシュライフは少し字が小さい感じがしましたが、どちらも平易な文章で書かれており、読書が苦手な方でも読みやすい内容かと思います。ただ時間軸が交差しながら物語の伏線を回収していくので、ぼーっと読んでると話の流れについていけなくなったり、もしくは感動も半減してしまう可能性があるのでそのあたりは要注意です。

 

それではそれぞれの話の簡単な感想を。※ネタバレはそんなにしていないですが真っ白な気持ちで読み進めたい方はここでお戻りください(-.-)

 

■ラッシュライフ

おすすめ度:★★★☆☆

読みやすさ:★★★★☆

感動   :★★☆☆☆

 

泥棒の黒澤を始めとする一見何のつながりもない登場人物たちが繰り広げるそれぞれのストーリー。ある若者の集団から神を崇められている「高橋」や謎のバラバラ殺人を軸に物語が展開していきます。

 

時間軸が後に読んだホワイトラビットより複雑に行ったり来たりしながら進むので、場合によっては理解を深めるために過去のページに遡ったりしながら読む必要があるかも?でも文体や表現自体は平易なので読みにくいという事はない印象。

 

「神」とは何なのか?人は何を拠り所に生きていくのか?

そんなメッセージを投げかけられているような気分になる本でした。特に無職の豊田があれだけ仕事を欲しがっていたにも関わらず、最後は自分の相棒になったある存在を守り通した描写は胸に迫るものが少しありました。

 

でも結局、神と崇められていた「高橋」って誰なんだ?というか青山は何で京子を騙したんだ?といったような小さな疑問が払拭しきれず。

 

 

■ホワイトラビット

おすすめ度:★★★☆☆

読みやすさ:★★★★★

感動   :★☆☆☆☆

 

ラッシュライフで登場した泥棒黒澤がまたもや登場。世間を騒がせたとある立てこもり事件に隠された真相が徐々に明らかになる・・。レ・ミゼラブルに魅せられた登場人物によって、文体も筆者がところどころ物語をナビゲート(?)するような形式になっており面白い。

 

読みやすさについてはホワイトラビットのほうが断然上かと。前述したように時間軸がずれる際には筆者がきっちり説明してくれるような形式になっており、どの登場人物のいつの話かが明確になった上で読む事が出来るので迷子になりにくいと思います。

 

幾分コミカルな内容になっているので、ヒューマンドラマ的な感動の要素は少なく、エンタメ性の高い内容かな~~。立てこもり事件に隠された真相も、あっ、そういう事ね!と思いつつ、いやいやそんな事現実では起こりえないというか起こっても警察がすぐに真相暴くだろうよ・・という疑念がぬぐえなかったのが残念。(これに関してはただ単に私がつまらない人間だからそう感じてしまうのかもしれませんが)

 

といったような感想を抱いた2冊でした。私がもともとヒューマンドラマが好きという事もあってか、いずれの2冊もそういった側面が少なかったので、全体的にちょっと物足りなかったかな??でも物語がとてもテンポよく進むので、中だるみする事なくどんどんページが進む本でした。(どちらも1時間半~2時間くらいで全部読み終えました。)

 

まだまだ伊坂幸太郎さんは初心者なので他の作品もどんどん読んでいくぞ!

 

ほなまた!!