共働きもなこの日常

大阪在住共働き夫婦の妻です。独身の頃と比べていろいろ制限はあるけれども人生チャレンジしたい!私の自己研鑽自己満記録です。たまにおすすめ観光スポットも紹介します。

【読書感想文】嫌われる勇気を読んでストレスか幾分か少なくなった話【おすすめ本】

こんにちは、共働き嫁のもなこです。

なんだかんだしている間に前回の更新から間が空いてしまいました。本日は自分の備忘も兼ねて最近読んだ本について記事にしたいと思います。

 

また毎回私のこの手の記事は超今さらかつ私みたいな弱小者が紹介するまでもなく有名な方やモノをどや顔で語るというのが定番になっています。例にもよらず今回もそのパターンですがお暇な方はお付き合いいただけると嬉しいです。

 

さてさて、何の本を読んだかと言うと「嫌われる勇気」を読みました!岸見一郎さんと古賀史健さんの共著で、アドラー心理学を現代人に分かりやすく説いたものになります。人生に絶望している青年とアドラー心理学の教えを自分の糧として生きている哲人の対話形式で物語が進んでいきます。2013年に出版されてから80万部以上を売り上げているベストセラーで、今なお手に取る人が絶えない名著でもあります。

 

よくある本に出会ってから人生が変わった!などと言った話を聞くたびに「いやいや私は1冊の本ごときで人生が変わるほどヤワな人生送ってねーわwww」って思うくらいに私はひねてくれているのですが、この本を読み終えてから人生が変わったとまではいかなくとも明らかに日常(特に仕事)で感じるストレスは激減しました。人生観が変わったとまでは言わなくとも、確かに自分のものの見方や捉え方は如実に変化したように思えます。

 

青年と哲人の会話の中で様々なキーワードが出てくるのですが、私の心を最も軽くしたのは「人生における全ての悩みは対人関係によるもの」、そして「課題の分離」です。

 

まず「全ての悩みは対人関係によるもの」について。本の中で哲人は青年に人生における悩みは全て、それがもし起こった事による相手(第3者)の反応を恐れたり不安に思ったりする事に起因していて、その出来事自体については実は悩んでいなかったりするといったような事を説いています。私はこの言葉がすごく腹落ちしたのですが、実はこの本を読んでいる真っ最中にちょうど職場で担当チーム変えがありまして。私ひとりが数字をゴリゴリ取ってくるのを善とするチームへの移動が決まっていました。現在、私の抱えている案件の進捗は思わしくなく、私がメンバーに加わる事によりチーム全体の進捗の足を引っ張るかもしれない事について、寝つきが悪くなるくらい悩んでました。この本を読む前はもちろん数字の達成というところにフォーカスして自分は悩んでいると思っていたのですが、実はそうではなくて達成できなかった時に周囲から白い目で見られたり、邪魔者扱いされるのではなかろうかといった事に対して恐れていたのだな、、、と言う事に気が付かされました。

 

そして次に「課題の分離」。課題の分離とは自分の課題と他人の課題を分けて考える事。要は自分の課題は解決に向けて自分自身が手綱を引く事が出来るが、他人の課題は自分自身ではどうしようもないという事。先ほどから述べている私が担当チーム替えで抱えていた事例で考えると、数字の達成は私自身の課題なので全力を尽くし達成に向けて頑張る事が出来るが、達成であれ未達成であれその結果に対しての周囲の反応は「他人の課題」であり、私自身アンコントローラブルのためうだうだ悩んだり不安に思っても仕方がないということ。だからこそ未達成で周囲から白い目で見られたらどうしよう。。。といったような事でうだうだ悩まずに、私自身がコントロールできる数字の達成だけに意識を集中して頑張ろう、その先の事は予測不可能だし私も積極的に介入できないんだから今は気にしないでおこう、といったように心を落ち着かせることが出来ました。

 

本当にこの本を読んでから上記のように心が軽くなり、良い意味で開き直りの境地(達成できなくて周囲にどう思われようと私そこには関与できねーししらねーww)に達する事が出来ました(笑)また他人の目や反応という観点でいくと、営業スタイルについても私は他人に受け入れて貰いやすいプロセスを踏む事を重視していて、シンプルに目標達成するという事に対して遠ざかっていたなー、周囲の目を気にするあまりになんだか複雑な行動をとっていたなー、とも反省しました。

 

日本人は昔から周囲との調和を重んじる民族であるが故に、余計に他人の目というかそういう部分が気になってしまうのでしょうね。時と場合によってはそこが私たちの強みでもあるかと思いますが、息苦しくなった時は今日私が書いた「課題の分離」を意識して、いやいやその部分私しらねーwwwと開き直って頑張っていきましょう(笑)

 

心理学などかじった事もない私ですが、通勤の片手間にパラパラと読むだけですっと頭に入ってくるような分かりやすい内容の本なので、読書が苦手な方にもぜひ読んでほしい!明日から3連休明けの仕事、しんどいですが私しらねーwwwの精神で頑張っていきましょう!ほな!!!

 

 

 

 

 

【テラスハウス】Terrace house tokyo2019-2020が過去最高シリーズになりそうな予感

こんばんは、共働き嫁のもなこです。

世間では少し前にやまちゃんと女優の蒼井優さんの結婚が話題になっていましたが、南海キャンディーズのやまちゃんと言えば、そう、テラスハウス!!!5月からテラスハウスTokyo2020がが始まっていますね。私はnertflixで視聴しており毎週火曜日が最新話の配信日なので、火曜日は1分でも早く家に帰ってテラハみたい病にかかっております。

 

そんなに内容は詰まっていませんが過去にテラハについていくつか記事を書いておりますのでお暇なときにぜひ。

 

www.workmonchin.com

 

前回シリーズの軽井沢編ももちろん全部視聴したのですが、そういえば記事を書いていない・・。シリーズ後半の女子たちのどろどろが見ごたえあったものの、全体的にメンバーの年齢も若くて、どことなくサークルの集まり感が否めなかったからアラサーの私にはあまり感情移入できなかったのよね(笑)男女ともに好きだな~って思えるメンバーもいなくて・・。まぁ軽井沢編は気が向いたらまたレビューするとしよう。

 

さてさて今シーズンのテラハですが本日(2019.6.28)現在でnetflixでは第6話まで配信されています。まだまだシリーズは始まったばかりなのですが今回のテラハめちゃくちゃ展開が早い!!wすでに恋の矢印はいろんなところで動いておりシリーズ序盤にして続きが気になって仕方ない症状が出てしまっております。こう考えると前回の軽井沢編どんだけ話の展開遅かったんだ・・・。

 

話の展開だけではなく今回のテラハは初期のシリーズを彷彿させるようなメンバーの多くが夢追い人で、みんなそれぞれの人生を模索している感じも爽やかでいい!さっそく序盤で女優の春花とモデルの翔平が仕事への価値観でぶつかっていたけれど、今回はみんな性格がサッパリしているというか根はいい奴感が漂っているので、観ていて嫌味な印象もなく良い!!!!

 

メンバーのルックスも男女ともにテラハ史上最も華があるとも言われていて本当に皆さん美男美女。そんな美男美女が織り成す恋愛模様、追いかける夢、素敵なおうち・・・、そうそうこれがテラスハウスなんですよ!!!!軽井沢編、わかったか???!!!

 

そして今回の私の推しメンはやっぱり・・・西野入流佳くん!

誰もが見とれてしまうような甘いマスク。てか名前からして王子様になることを約束されたるみたい。絶対自分の息子にはるかっていう名前つけたい。え。

 

そんな流佳くん、絶対モテるルックスをしておきながら女の子と話すのが苦手だそうで顔が赤くなってしまうんだそう。いやいや、ほんまか??第5週目には流佳くんが自ら設定した女の子苦手キャラを覆してしまうような行動が多々見受けられ、スタジオメンバーも天性のモテ男、いや悪い男なのでは?という意見が殺到してましたね。

 

youtubeで流佳くんのテラハ前入居インタビューを観ましたが、流佳くんは兄弟が多くそして一番年上のお兄ちゃんなんですね。という事は普段から下の兄弟の面倒を見る優しいお兄ちゃんで、女子に見せる人懐こい一面やワガママも聞いてあげちゃう懐の深さは、そういう彼のバックグラウンドがもたらしているものなのかもしれないな~なんて思ったりしました。てか、この顔で無条件に優しいとか女子受け抜群だろうな・・。

 

と、第5週目までは流佳くん無敵説が有望でしたが今週の最新話を観ると、あれ・・・???(笑)いや~、いつの時代も女の子って心変わりが早いし強かですな。

 

こんな感じで今シーズンのテラハは第6週目にしてかなり話の展開も早く、メンバーも華があり、アイドル的存在になれるようなメンバーもいて、爽やかで過去最高シリーズになる予感しかしてません!

 

皆さんもこれを機にテラスハウスデビューしてみてね。

ほな^^

 

 

アラサー共働き女子におすすめyoutuber

こんばんは、共働き嫁のもなこです。

 

突然ですが私は無類のyoutube好きです。facebook、インスタ、twitterなど有名どころのSNSは全てアカウントを持っていますが最近は専らyoutubeを観ている時間が圧倒的に長いです。今日はそんなアラサー共働き嫁の私が今まではまったyoutuberをご紹介したいと思います。

※最初に断っておくと本日ご紹介するyoutuberさんはほぼ全員有名どころです。私がご紹介するまでもないですが、いや、こんな弱小者がすみませんって感じですが、お暇な方は最後までご覧ください。

 

〇社会人1年目~3年目

関根理沙さんにはまりました。私がテレビよりもSNSよりも何よりもyoutubeが好きになったきっかけを作ってくれた人。社会人になってからの化粧やスキンケアはりささんに教わったと言っても過言ではない。当時は看護師とyoutuberを両立されていて、あ~普通に働きながらでも個人で社会に対しこんなにインパクトを与える事が出来るんだ~という気付きも与えてくれました。抜群のルックスとは裏腹にめちゃくちゃサバサバした性格が大好きでした。

www.youtube.com

 

〇社会人4年目~

橋本奈実さんにはまりました。奈実さんは元々ファッションブランドSLYの店長をされていて、その頃からちょっとした有名人だったそう。(SLYとかキレイ目ギャル系ブランドっぽいのに疎くて存じ上げてなかった・・)イケメンのダンナ様とご結婚もされており、上品で幸せそうなライフスタイルにとても憧れました。特に奈実さんが作るおしゃれ朝食が好きで、あこがれて真似をするもののズボラな私には3日と続かなかった・・wモデルのような見た目からは想像がつかないほど食べる事が大好きで、また同じ関西ご出身という点も親近感が湧きますね。

www.youtube.com

 

 

〇現在

そして今・・・。Haruta cya cyaさんという方のチャンネルにはまっております。お顔出しは一切されておらず、ただただ平凡な日常を切り取った感じの動画が多いのですが、なんせ癒される・・・!!!使っていらっしゃるキッチングッズなどちょっとした小物も決して高価なものではなく、100均でそろえていらっしゃる事が多いのですが、なんだかめちゃくちゃおしゃれに見えます。ひとつひとつの家事をとても丁寧に大切に行われており、私ももっと丁寧に暮らしたいな~と思わせてくれる方です。

 

www.youtube.com

 

 

たった3人の方しかご紹介してませんが、こうやってみるとその時その時私がどんな人物像になりたかったのかがなんとなく分かりますね。(メイクも仕事も全力で楽しむ!→素敵なダンナさんをつかまえてキラキラ結婚生活を送る→派手でなくても良いから日々の小さな幸せを感じられる人になる)もしかすると購入した本を古い順に並べたりしても、その時自分が抱えていた悩みや葛藤が改めて分かったりするかもしれませんね~。

 

仕事に日々の生活に・・・忙しい日々だけれど自分を見失わずになりたい人物になって、送りたい人生が送れるよう頑張るぞ!!!

 

ほな!

初心者・特段スキル無しの私がランサーズを頑張る記事①

こんばんは。共働き嫁のもなこです。

 

世間では副業を認める動きが徐々に解禁され始め、先日のニュースでは「老後資金に2,000万円」といったようなキーワードが話題になりましたが、やはり今の時代サラリーマンと言えども収入源は複数持っている方が良いな~なんてぼんやり思ってます。また終身雇用制度なんて幻想みたいなものになりつつあるんだろうな・・とも。

 

かく言う私は新卒で入社して以来ずっと今の会社に勤めており、また会社のカラーもザ・古き良きニッポンといったような昭和の会社でして・・。周りの若手の離職率もかなり低く、転職なんて毛頭考えていない、一生この会社にしがみつくぞ!というという意気込み(?)の方が太宗を占めているような企業です。私が就職活動した時期がちょうど氷河期の時期だったので、周囲も冒険するというよりかは大手の安定した企業へ就職するのが正解といったような空気感でした。なので、もちろん私も今の会社のそういう安定性に魅力を感じ、それなりに就職活動を頑張り入社し今に至る訳ですが・・・。

 

このままで良いのか?自分???

 

こんなに変化の激しい時代にいくら大手とはいえ、うちの会社がずっと今のままでいられるなんて確約はどこにもない!もし会社が傾いて身ひとつで世間の荒波に放り込まれたら、こんなぬるま湯企業で働いている私は絶対生きていけない!!

 

何かスキルを身につけなくては!!

少しでも良いから家計の足しに出来る収入源を持っておかなくては!!

 

というような危機感から登録しました。

ランサーズ

 

おそらくもう皆さんご存知かと思いますが念のためご紹介すると、ランサーズとはクラウドソーシングのプラットフォームで、仕事を依頼する人とその依頼に答える人同士をマッチングできるようなサイトです。登録は誰でもできます。お仕事内容はプログラミングや翻訳、ライティングなど多岐に渡ります。また仕事の形態も作業ベースのものからコンペにかけられるものまであります。

 

ひとまず何もスキルがない私はタスク(作業ベース)のライティングを手始めにやってみることにした!!

 

現在8タスク完了し・・、

その報酬合計約600円!!!!

 

いやいやこれじゃあ副業にならねーよ!なのかもしくは暇な時間がお金になるなら良いんじゃない?なのかはちょっとまだ分からないのですが、個人的にはそんなに時間もかけておらず(1作業40分程度)、それで少しでもマネタイズ出来ているんなら出だしとしては良いほうかなと前向きに捉えています。

 

あとはお恥ずかしい話ですが自分がやったタスクが目に見えてダイレクトにお金に換算された体験が今までなかったので、なんだか新鮮なのと同時に改めて自分の市場価値みたいなものを痛感させられてます。年功序列の企業にいるとアウトプットの質云々関係なく、毎月一定の給料が支払われるので自分の出せている価値とか考える機会もなかった・・・。

 

自分の考え方とかも大きく変わりそうなので、コツコツ地味にこれからも続けていこうかと思います。その中で分かった事や見えてきた事があれば随時また記事にアップします!

 

ほな!

 

【休日おすすめスポット】千里川堤防~駐車料金だけで飛行機を間近でみれちゃうおすすめスポット~

ご無沙汰しております。

共働き嫁のもなこです。

あっという間に6月も中旬にさしかかろうとしてますね~

 

このブログではおすすめ韓国ドラマやおすすめカフェ、たまに自己研鑽の記事を書いたりしているのですが、今日はおすすめスポット(?)について記事にしようと思います!

 

その名も・・・!!!

 

千里川堤防!!!!!!

 

関西在住以外の方からすると「ん?堤防??」って思うかもしれない・・。また今でこそ多くのメディアに取り上げられ知る人ぞ知るスポットになりつつありますが、関西在住の方の中にも「なんで堤防?そしてなぜに千里川??」と思うでしょう。

 

実はここ、伊丹空港近くで着陸間近の飛行機を超超超至近距離で観ることが出来るのです。「近いって言ってもよくある空港の展望デッキに毛が生えたようなもんでしょ?」

いやいや、舐めてもらっちゃあ困ります。ちょっとジャンプしたら飛行機に頭ぶつかるんじゃないか?っていうくらいに頭上近くに飛行機が飛んでいきます。

 

まだ信じられないあなたに私の乏しいカメラセンスでも十分迫力が伝わるこちらの写真をおみせしましょう。

 

f:id:workmonchin:20190610194043j:plain

 

やばくないですか!????

下手したら頭に飛行機ぶつかるんじゃないかという錯覚と着陸後のありえないくらいの爆風が本当にスリル満点です。

 

こんなに間近に飛行機を観る事が出来るのにもちろん料金はタダです。ええ、なぜならここは堤防ですからね。この日も私たちのようなカップルはもちろん小さいお子さんを連れたファミリー層、そしてガチカメラマンと多種多様な方々がこのスリルを味わいにきていましたが全員タダです。ええ、なぜならここは堤防ですから。しつこい。

 

ただし肝心のアクセスはというと最寄りは阪急宝塚線の曽根駅になるものの徒歩にして約20分以上はかかる距離にありちょっと厳しい。なので車で訪れるのがおススメです。この堤防近くに大きい駐車場があるので、そこに車を停めて堤防に向かうのがおすすめ。

 

f:id:workmonchin:20190610194717j:plain

 

こんな感じで結構広い駐車場です。近隣は工場とファミリーマートくらいしかないので、まさにこの堤防を訪れる人のためだけに作られたであろう駐車場です。確か最大料金700円とかだったはず・・。(他の方が書かれているサイトには最大600円とありましたが私が訪れた6月某日は看板に700円と書いていたような・・・)

 

駐車料金だけでこんなに素敵な体験が出来るなんて、本当にコスパも良くお勧めなのでぜひぜひ関西にお住まいの方はデートにも家族サービスにも、千里川堤防を訪れてみてください!強いていうなら国内線しか飛んでいない伊丹空港なので、大型機の発着時間をある程度調べて、その時間帯めがけて訪れるのが良いかも?

 

ほな!

 

アクセスはこちらです。 

四ツ橋・堀江エリアのおすすめカフェ~インスタ映えに疲れたあなたを癒す純喫茶~

こんばんは。共働き嫁のもなこです。

連日韓国ドラマの記事を連投していましたが今日は久しぶりにおすすめカフェの紹介をしようと思います。過去は結婚記念日に訪れた京都のカフェを紹介していたりしますのでお暇なときにぜひ。

 

www.workmonchin.com

 

この日は有給消化のため平日にお休みを頂き、ずっと気になっていた大阪は四ツ橋・堀江にある純喫茶に訪れてみました。その名も CAFE FLORIAN(カフェ・フロリアン)四ツ橋駅から歩いて4分くらいのところにあります。

 

f:id:workmonchin:20190524205141j:plain

 

う~~んめちゃくちゃ良い雰囲気。店内は「いつものアレで」でマスターと通じる常連さんから、おそらく外回りの合間に寄ったのであろうサラリーマン、そして小さいお子さん連れのママまで幅広い層の方々がいらっしゃいました。ほぼ満席にも関わらずガヤガヤしてなくてすっごく落ち着く。

 

f:id:workmonchin:20190524205806j:plain

 

私はアイスカフェオレを注文しました。上にのっているホイップがうれしい。

 

四ツ橋や堀江エリアはインスタ映えする可愛いカフェがいっぱいあり、それはそれで目でも楽しめる要素があって素敵ですが、インスタ映えはしないけれど落ち着いてどことなく懐かしい感じがする純喫茶もいいですね。

 

ちょうどお昼の時間帯になったので、そのまま近くにあるカレーが有名らしい婆沙羅さんにも行ってみました。

 

f:id:workmonchin:20190524210334j:plain

 

写真を撮るのが下手なので伝わらないかもしれませんが、すごくおしゃれな外観で見るからにこだわっている感じが伝わってきます。(?)

 

f:id:workmonchin:20190524210649j:plain

 

そしてこれが有名な婆沙羅のカレー。とても濃厚なのでご飯が6に対してカレーは4の割合なのだそうです。このカレー、めちゃくちゃ濃厚でした。そして思っていたより辛くなかった。個人的にはスパイシーなカレーが好みなので、そういった意味では少し物足りなかったかも?あとメインではないのですが横についているサラダが美味しかったです。少しオイリーな仕上がりになっていて初めて食べるお味でした。

 

f:id:workmonchin:20190524211039j:plain

 

あとめちゃくちゃ余談ですがトイレの洗面台が可愛かったので思わずパシャリ。洗面台のところに金魚がいて面白い。

 

やはり四ツ橋・堀江~西大橋周辺はまだまだ気になるお店がたくさんあるなぁ~。週末は混んでいて疲れてしまうので、こうやってたまの平日のお休みにぼちぼち制覇していきたいです。

 

 

 

 

イ・ジョンソクの美しい涙に大満足できるドラマ~ピノキオ~

こんばんは。共働き嫁のもなこです。

今日も今日とて視聴し終えた韓国ドラマの感想&ご紹介をしたいと思います!

 

本日ご紹介させていただくのは・・

 

ピノキオ!!!

 

そうです、またイ・ジョンソクつながりです。これで連続3回目です。過去記事はこちらです。

 

 

www.workmonchin.com

 

ストーリー概要はかつてテレビ局からの報道被害によって一家離散まで追い込まれたイ・ジョンソク演じるチェ・ダルポ(またの名をキ・ハミョン)と、ダルポ一家を離散にまで追い詰めた報道記者を母に持ち、ひょんな縁からダルポと一緒に暮らしているパク・シネ演じるチェ・イナが、報道記者としてそしてひとりの人間として支え合いながら成長していくというストーリー。

 

いやぁ~~おもしろかった。他の方の感想を見ると結構細部のストーリーへの突っ込みが多く意外にも低評価な感じも見受けられたけれど、私的にはめちゃくちゃおもしろかったです。イ・ジョンソク見たさにチョイスしましたが終盤はドラマのストーリー自体が気になってどんどん観進めていったというような感じでした。

 

このドラマについて一言感想を述べよ、と言われると私は

 

イ・ジョンソクの美しい涙の大半は右目から零れ落ち始めるという事が実証されたドラマ

 

そう述べるでしょう。

 

何が言いたいかっていうとそれくらい出演者が涙する場面が多いんです、このドラマ。一家離散まで追い込まれたダルポが真実を知り悔しがって流す涙、自分を家族として受け入れてくれたイナ一家の優しさに触れて流す涙、兄の悲惨な状況を見て流す涙・・・。涙の理由はいろいろあれど、まぁ~~~~その涙の美しいこと!美しいこと!!!!そしてその涙の大半は右目から零れ落ち始めます。

 

パク・シネちゃん演じるイナもめちゃくちゃ可愛かった~。前回の記事では相手役に好感が持てなかったと書きましたが、今回のイナは見た目も中身もパーフェクトでした★結構序盤にイナからダルポに思いを打ち明けたので、韓国ドラマ特有の三角関係やもどかしい場面を経て晴れてカップルになるというストーリーを予想していた安直な私はかなりびっくりしました。でも序盤にイナが思いを伝えた事によって、何があってもダルポの味方でいる姿や同僚に迫られてもぶれない姿が、イナの芯が強くて真っ直ぐな性格がより一層際立って良かったです。さすがやな、韓国ドラマ。

 

www.workmonchin.com

 

またこのドラマのタイトルでもある「ピノキオ」について、イナはピノキオ症候群という架空の疾患を持っている設定になっています。その疾患とは嘘をつくとしゃっくりが出てしまうというもの。このしゃっくりが可愛いんだまた!!!そしてリアル!!!嘘をついてイナ一家と一緒に住んでいるダルポと、嘘がつけないイナ。この物語のメッセージのひとつでもある「真実」について、イナがピノキオ症候群患者という設定によって、より視聴者の心に訴えるものがあったのでは?と思います。

 

今回ラブライン色は観る前に想定していたよりかは薄かったものの、ダルポとイナが「報道記者」として、仕事人として、そしてひとりの人間として成長していく過程が非常に丁寧に描かれていました。ダルポが報道記者になったのはイナの母親を見返すためという理由が大きくて、最初は仕事に対する姿勢も一生懸命なんだけれども私情が入り勝ちだったのが、最後自分の長年の恨みや疑問を晴らす質問ではなく「報道記者」として国民が望む鋭い質問をしたシーンがとても印象的でした。ダルポが過去に決着をつけれたのと同時にもっと次元の高い人間になったんだなと思わせるシーンでした。今思い出しても胸熱。

 

ラブラインがあんまりなかったと述べたものの、ふたりの雪の中でのキスシーンは超絶美しかったのでこれだけで満足です。このシーンを観るだけでもこのドラマは価値あるかと思うので皆さんもぜひご覧になってください~

 

f:id:workmonchin:20190515195204j:plain

 なんだこれは?芸術作品か??????

※画像はお借りしました。

 

ほなまた!