共働きもなこの日常

大阪在住共働き夫婦の妻です。独身の頃と比べていろいろ制限はあるけれども人生チャレンジしたい!私の自己研鑽自己満記録です。たまにおすすめ観光スポットも紹介します。

【週末おでかけ】奈良県おすすめカフェ~美味しいパッピンスを食べよう~

こんにちは、共働き嫁のもなこです。

今日は久しぶりにおでかけ記事です。

 

先日、主人と一緒に奈良県までパッピンスを食べに行きました。パッピンスとは韓国のかき氷の事で、「パッ」が小豆で「ピンス」が氷という意味です。一般的なパッピンスは名前のとおり小豆が入っていて、あとは求肥、フルーツ、コーンフレークなどなども入っていて真ん中に乗っているバニラアイスクリームとぐちゃぐちゃに混ぜて頂きます。鶴橋コリアンタウンで美味しいパッピンスをよく頂くのですが、今回たまたま奈良県明日香村にパッピンスが有名なお店を見つけたのでドライブがてら行って参りました。

 

大阪市内から高速道路を使って奈良県明日香村まで大体約1時間。明日香村は奈良県の中央部に位置し、飛鳥時代の古墳が数多く残る自然ゆたかな村です。

 

さて、そんな明日香村にあるパッピンスが有名らしいカフェことだまさんにようやく到着♪

f:id:workmonchin:20190913173543j:plain

 

 

お店はかつての古民家を改装したような感じになっており和の雰囲気で落ち着く・・・。どうやらかつては酒蔵だったらしく、築200年ほどの建物だそう。私たちが訪れたのは平日でしたが、店内はすでに満席で3組ほど待っている方がいらっしゃいました。客層は女性が多く大学生くらいの若い方が目立ちましたが、店内はとってもしずかでくつろぐ事が出来ました。

 

そしてお目当てのパッピンス~!!!

 

f:id:workmonchin:20190913173731j:plain

 

f:id:workmonchin:20190913173801j:plain

 

私はノーマル、主人はメロンのパッピンスを選びました。どちらもたくさんのフルーツが贅沢に使われていますが、何よりこのメロンのパッピンス!ちょっとやりすぎじゃないですか??メロン半分の果肉をちりばめて器もメロンなんて・・。上に少しかかってるナッツがアクセントになって最高。私のノーマルのパッピンスも夏らしくすいかも入っていて、ベリーの甘酸っぱさも際立ちとても爽やかなお味でした。ノーマルのほうが確か1000円弱、メロンが1450円とデザートにしては少々値が張りますが、この贅沢さ、豪華さをを踏まえるとかなりお得なデザートなのではないでしょうか?

 

今回は頂きませんでしたが他のデザートメニューもとっても美味しそうで、シフォンケーキやいちごパフェなど、素材を生かした贅沢なメニューがたくさんありました。

 

近鉄飛鳥駅から約3キロほど離れているので、車でないと訪れるのは難しいかもしれませんが、まだまだ残暑厳しい日が続くのでぜひ週末のお出かけにいかかでしょうか。ちなみにカフェに駐車場もありますが、狭い小道を入っていかなくてはならないので(おそらく軽自動車くらいしか無理なんじゃねレベル)私たちは歩いて5分ほど離れた場所にある公営駐車場に車を停めました。料金は一律500円でとても広いのでおススメ。

 

goo.gl

【おすすめ韓国ドラマ】30代女性におすすめNetflixドラマ~ある春の夜に~

こんばんは、共働き嫁のもなこです。

今日は久しぶりにおススメ韓国ドラマの感想記事を書きたいと思います。

 

本日感想を述べさせていただくドラマはこちら↓↓

Netflixオリジナル「ある春の夜に~one spring night~」

 

韓国では今年の5月に放送されていたようで、そんなほやほやのドラマが日本でもすぐに観れちゃうなんて冷静に考えるとすごいな!Netflix!!!

 

観ようと思ったきっかけや動機は特になく、出張先のホテルで暇をつぶすために何となくおススメに出てきたので視聴し始めました。まず何よりハン・ジミンの可愛さにびっくり。実年齢も36歳(?)とかなのに全然見えない!でも可愛いだけじゃなくて大人の女性の雰囲気もあるし髪型も似合ってるし服装も素敵だし・・・。あとはトッケビ、そして途中で観るのを断念してしまったあな眠に出ていたチョン・へイン!え??え????こんなにかっこよかったっけ????

 

ネットの感想を観ると「つまらなかった」「ストーリー展開がもどかしい」等けっこうネガティブなコメントも多く見受けられましたが、私はこの淡々と流れるストーリーがリアルでBGMも切なくてオシャレであっという間に完走してしまいました。実は私、途中でドラマに飽きてくるとネタバレサイトであらすじを先に読んでしまう癖があるのですが、このドラマはその私の悲しき癖が一切出なかった!ネタバレしたくない!もったいない!!といった誰しもが持っている感情を始めて味わう事が出来ました笑

 

ネタバレしたくない!と思えたひとつのポイントに、ハン・ジミン演じるジョンインの何があってもチョン・へイン演じるジホを好きという気持ちを曲げないという芯の強さが、後半のストーリーをぐいぐい牽引してくれていたので「あぁあ、ふたりは結ばれるのか!?」といったようなハラハラ感が良い意味でなかったからかもしれません。またそのジョインの芯の強さに負けないくらい、ジホの誠実で真っ直ぐな性格がドラマの中で美しく描かれていました。

 

1話でふたりが初めて薬局で出会った時、二日酔いでげろげろ状態のジョンインに合う薬を見繕ったジホ。ジホが流れに任せて薬を開封してしまい、それをジョンインが飲み終えた後に財布を忘れてお金が払えない事に気が付くのですが、気の強いジョインは「勝手に開封したそっち(ジホ)が悪い」と言います。それに対しジホが優しいまなざしで「そうですね。」と同意する・・・。その姿に少し驚くジョイン・・。この時の2人のやり取りが、今後の2人の関係性や、ジョインが今自分が付き合っている彼氏にはない優しさを持っているジホに自然に惹かれていく未来を示唆しているように思えます。(てか最初にこのシーンを観た時、韓国では栄養ドリンクとか薬をその場で開封して服用するのが普通なのかとカルチャーショックを受けた・・笑 やっぱりこれは特殊なのね笑)

 

ドラマの中ではジョンインの彼氏のギソクオッパがとても粘着質で悪い男のように描かれていますが、普通に考えて4年付き合って結婚も考えていた彼女をぽっと出てきたどこの馬の骨かも分からない男に取られたら、そりゃあ動揺するし取り返そうとするよな~・・。ジョンインがギソクと別れ話をする時に「愛しているふりをしていてごめん。私たちはお互い傲慢だったのよ」と言っていますが、妙齢の女性の中にはジョンインのようなお付き合いをしている人も多いのでは・・?と感じました。心の中ではこの人とこのまま一緒になって良いのか?という疑念を抱きつつも、でも決定打がない限り今さら別れる選択肢もないし、まぁ、このまま成り行きで・・といったような、ある意味惰性のような関係性を続けている女性は案外多いかもしれません。ジョンインの場合はジホと出会った事で、一気に今までの自分の人生に清算をかける事になるのですが。

 

またイ家三姉妹の末っ子であるジェインが個人的にこのドラマで一番好きな登場人物だでした。一見自由で世話の焼ける末っ子に見せかけて、おそらく三姉妹の中で一番大人で冷静な性格だったのでは?夫からDVを受けていた長女ソインに対しても、義兄に立ち向かいつつも「お姉ちゃんもしっかりして!」と叱咤している姿に底深い愛を感じました。

 

「幸せ」とは周りが決めるものではなく自分が決めるもの。

 

ジョインやイ家の三姉妹の生き方をみているとそう思えてきました。

 

韓国ドラマにありがちなジェットコースターのような物語の展開が好きな人には少し退屈に感じてしまうかもですが、30代の男女なら日本人であっても共感できる事が多いドラマなのでは?おススメです!!

 

【読書感想文】伊坂幸太郎さん初心者の私が有名な2冊を読んでみた感想

こんにちは。共働き嫁のもなこです。

今日は最近読んだ本の感想を記事にしたいと思います。先日、嫌われる勇気という本を読んだ後にも感想を記事にしており、今後自分のアウトプットの練習のためにもなるべく本を読んで感じた事を書き留めておきたいな~と思います。

 

 

今回の読書感想文はかの有名作家、伊坂幸太郎さんの本を2冊読み終えたので、その感想をつらつらと・・。ちなみにエクスキューズしておくと、私は伊坂幸太郎さんの作品については超初心者なので、往年のファンの方々からすると「君は何もわかっていない!」と感じられる部分も多いかと思いますが、あくまで理解力に乏しい素人の戯言だと温かい(?)目で見守っていただければ・・。また私と同じく伊坂幸太郎さん初心者の方には少しでも参考になるような紹介記事になればと思って書き留めます。

 

読んだのはこの2冊。

 

■ラッシュライフ

■ホワイトラビット

いずれもかなりの有名作品。ラッシュライフは少し字が小さい感じがしましたが、どちらも平易な文章で書かれており、読書が苦手な方でも読みやすい内容かと思います。ただ時間軸が交差しながら物語の伏線を回収していくので、ぼーっと読んでると話の流れについていけなくなったり、もしくは感動も半減してしまう可能性があるのでそのあたりは要注意です。

 

それではそれぞれの話の簡単な感想を。※ネタバレはそんなにしていないですが真っ白な気持ちで読み進めたい方はここでお戻りください(-.-)

 

■ラッシュライフ

おすすめ度:★★★☆☆

読みやすさ:★★★★☆

感動   :★★☆☆☆

 

泥棒の黒澤を始めとする一見何のつながりもない登場人物たちが繰り広げるそれぞれのストーリー。ある若者の集団から神を崇められている「高橋」や謎のバラバラ殺人を軸に物語が展開していきます。

 

時間軸が後に読んだホワイトラビットより複雑に行ったり来たりしながら進むので、場合によっては理解を深めるために過去のページに遡ったりしながら読む必要があるかも?でも文体や表現自体は平易なので読みにくいという事はない印象。

 

「神」とは何なのか?人は何を拠り所に生きていくのか?

そんなメッセージを投げかけられているような気分になる本でした。特に無職の豊田があれだけ仕事を欲しがっていたにも関わらず、最後は自分の相棒になったある存在を守り通した描写は胸に迫るものが少しありました。

 

でも結局、神と崇められていた「高橋」って誰なんだ?というか青山は何で京子を騙したんだ?といったような小さな疑問が払拭しきれず。

 

 

■ホワイトラビット

おすすめ度:★★★☆☆

読みやすさ:★★★★★

感動   :★☆☆☆☆

 

ラッシュライフで登場した泥棒黒澤がまたもや登場。世間を騒がせたとある立てこもり事件に隠された真相が徐々に明らかになる・・。レ・ミゼラブルに魅せられた登場人物によって、文体も筆者がところどころ物語をナビゲート(?)するような形式になっており面白い。

 

読みやすさについてはホワイトラビットのほうが断然上かと。前述したように時間軸がずれる際には筆者がきっちり説明してくれるような形式になっており、どの登場人物のいつの話かが明確になった上で読む事が出来るので迷子になりにくいと思います。

 

幾分コミカルな内容になっているので、ヒューマンドラマ的な感動の要素は少なく、エンタメ性の高い内容かな~~。立てこもり事件に隠された真相も、あっ、そういう事ね!と思いつつ、いやいやそんな事現実では起こりえないというか起こっても警察がすぐに真相暴くだろうよ・・という疑念がぬぐえなかったのが残念。(これに関してはただ単に私がつまらない人間だからそう感じてしまうのかもしれませんが)

 

といったような感想を抱いた2冊でした。私がもともとヒューマンドラマが好きという事もあってか、いずれの2冊もそういった側面が少なかったので、全体的にちょっと物足りなかったかな??でも物語がとてもテンポよく進むので、中だるみする事なくどんどんページが進む本でした。(どちらも1時間半~2時間くらいで全部読み終えました。)

 

まだまだ伊坂幸太郎さんは初心者なので他の作品もどんどん読んでいくぞ!

 

ほなまた!!

【おすすめドラマ】サラリーマンに必見韓国ドラマ~ミセン(未生)~

こんにちは。共働き嫁のもなこです。前回の記事更新からなんと1か月も期間が空いてしまいました。勤務している会社での人事異動によるバタバタと、異常な暑さからくる夏バテで更新を怠っていました・・。しかしどうやったらもっとブログ継続できるのか?1日の時間の使い方を見直す必要があるかもしれない・・。

 

さてさて今日は久しぶりにおすすめ韓国ドラマの記事を書きたいと思います。

 

本日ご紹介するのは「未生~ミセン~」

 

www.cinemart.co.jp

 

プロ棋士を諦めたうだつのあがらない青年チャン・グレが、大手総合商社ワン・インターナショナルにコネ入社。最初こそコピーも取れず同期のエリートたちに馬鹿にされながらも、囲碁で培った忍耐力と洞察力を生かし人一倍努力をしながら成長していくサラーリマンドラマ。韓国ドラマにありがちなドロドロ恋愛や過去の因縁、一切ありません。良い意味で期待を裏切る韓国ドラマです。

 

いや、このドラマ良すぎました。つまらない上司の説教を聞くくらいならみんなこのドラマみたほうが良いよ!ってくらいに、サラリーマンとして共感するところや学ぶべき場面が多すぎるドラマでした。3つの魅力ポイントに分けて今日は振り返っていきます!

 

魅力① 設定がリアル

 

ドラマに出てくるワン・インターナショナルおよび登場人物の全員が実在するのではないか?と錯覚を起こすくらいに設定がリアルでした。ドラマの中で「んな上手い話あるかいな~」ってつっこめるポイントが、チャン・グレが無学歴にも関わらず大手総合商社のワン・インターナショナルに入社できたところくらいで、その他繰り広げられる日常生活は本当に生々しいくらいリアルでした。

 

よくこの手のサラリーマンドラマでありがちなのが、新入社員が独自のフレッシュな目線で仕事に取組み、先輩社員が成し遂げられなかった大きな功績を収めて周囲に認められていくパターンかと思いますが、このドラマに関してはそういう一発逆転ホームラン的な出来事が一切ありません。ストーリーが進むにつれて着実にチャン・グレはその才能を発揮するのだけれども、その発揮の仕方というか成長の具合が新入社員という身の丈にちゃんと合っていて(例えば関連部署の内線番号を暗記する事で先輩方の電話取次をスムーズにする、業務に必要な用語を短期間で暗記する事で先輩社員の会話についていけるようになる、とか)「そうそう、私もそうだったなぁ」と過去新入社員だった方々がより一層感情移入しやすくなっていると思います。

 

あとはグレと同期入社で唯一の紅一点のアン・ヨンイが受ける男性社員からのセクハラもリアルだったかなと。(セクハラに対してリアルと思ってしまう事自体、本来は良くないのだが・・笑)このドラマではよくあるような女性の身体に触れるとか、執拗にプライベートで誘うといったような明らかにセクハラだろうといったようなものではなく、高スペック人材であるアン・ヨンイに対し周囲の男性社員が暗にお茶くみを強要させたり、可愛げがないといったり、ビミョ~~~~なラインのセクハラを強いてくるところがリアルでした。そのセクハラに対し媚びる事もなく、ひたすら寡黙に耐え続け最後は信頼を勝ち取ったアン・ヨンイの姿は不器用ながらもお見事。

 

魅力② 素敵上司がすぎる

 

このドラマの主人公チャン・グレ以上に存在感を発揮し欠かせない人物だったのが、チャン・グレの上司である意味メンターでもあるオ・サンシク。根っからの仕事人間で泥臭く人間味もあり、人一倍部下思いなサンシクの姿に惚れた人も多いのでは?

 

直属の部下であるグレへの気遣いは言わずもがな横の部署で不必要な辛い仕打ちを受けているアン・ヨンイに対して、ひとりで昼食を取っている姿をみかけたらさり気なくフォローをしたり、物分かりが良すぎるがゆえに一見非効率に見える事務作業に身が入らないグレの同期のチャン・ベッキに対しても「ここはこうしたほうがいいよ」と軽くアドバイスをしたり、まじで理想の上司がすぎる・・。辛い時にナナメの部署の上司に優しいフォローをされると泣きそうになりますよね、あぁ、見てくれる人は見てくれるんだなと・・。サンシク自身もバリバリ仕事が出来て本来は出世街道にのってもおかしくない人物にも関わらず、不遇にも営業3課という面倒な業務が多い部署で人知れず苦労をしているからこそ、他の社員の状況に敏感なのかもしれません。

 

出世とか名誉とかよりも人間的にこんな会社員になりたいな~と思ってしまうくらいにサンシクは素敵上司が過ぎました。

 

魅力③ 人は変われる。そしてサラリーマンも悪くないと思わせてくれる

 

このドラマで個人的に最も印象に残っているのが、チャン・グレの顔つきの変化。入社した当初はピュアで動揺しまくり目も泳ぎまくりだったのが、最終回ヨルダンで必死に仕事をするグレは(髪型もあるかもしれないが)別人かのようにカッコ良く見えるのです。元々チャン・グレ演じるイム・シワンは元アイドルでそりゃもうお綺麗なお顔立ちをされている事もありますが、数々の修羅場を乗り越えて誠実に毎日生きているとこんなにも人間って良い顔つきになるんだな~と思いました。てか、そう思わせるような演技をするイム・シワンがすごいのかもしれないが・・。

 

あとはグレと同期入社のチャン・ベッキの成長度合いも印象に残ってます。絵に描いたような優等生な人生を送ってきたベッキは入社して初めて何もできない無力な自分にぶち当たります。そしてふと横を見ると、最初は何もできなくて馬鹿にされていたグレがめきめき成長し大きな仕事もしている・・。なんで自分はこうなんだ?どうやったら殻を破れるんだ???と終始自問自答し苦しんでいたベッキも、最後は無駄だと見ていた事務作業もしっかりこなすようになり同期とも良い関係を築けるようになっていました。もしかするとこのドラマで一番成長したのは彼かもしれないな・・。

 

出てくる登場人物ひとりひとりにそれぞれリアルなサラリーマンならではの葛藤があり、それを乗り越え成長していく姿を見ているとサラリーマンも悪くないしかっこいいやんと思ってくるようになりました。

 

そんなこんなでだらだらと感想を書きましたがまじでこのドラマはおすすめです。韓国ドラマという枠組みを超える名作です。サラリーマン、これで良いのか?と苦しくなった時にぜひ観て頂きたい。

 

ほなまた!

 

 

【読書感想文】嫌われる勇気を読んでストレスか幾分か少なくなった話【おすすめ本】

こんにちは、共働き嫁のもなこです。

なんだかんだしている間に前回の更新から間が空いてしまいました。本日は自分の備忘も兼ねて最近読んだ本について記事にしたいと思います。

 

また毎回私のこの手の記事は超今さらかつ私みたいな弱小者が紹介するまでもなく有名な方やモノをどや顔で語るというのが定番になっています。例にもよらず今回もそのパターンですがお暇な方はお付き合いいただけると嬉しいです。

 

さてさて、何の本を読んだかと言うと「嫌われる勇気」を読みました!岸見一郎さんと古賀史健さんの共著で、アドラー心理学を現代人に分かりやすく説いたものになります。人生に絶望している青年とアドラー心理学の教えを自分の糧として生きている哲人の対話形式で物語が進んでいきます。2013年に出版されてから80万部以上を売り上げているベストセラーで、今なお手に取る人が絶えない名著でもあります。

 

よくある本に出会ってから人生が変わった!などと言った話を聞くたびに「いやいや私は1冊の本ごときで人生が変わるほどヤワな人生送ってねーわwww」って思うくらいに私はひねてくれているのですが、この本を読み終えてから人生が変わったとまではいかなくとも明らかに日常(特に仕事)で感じるストレスは激減しました。人生観が変わったとまでは言わなくとも、確かに自分のものの見方や捉え方は如実に変化したように思えます。

 

青年と哲人の会話の中で様々なキーワードが出てくるのですが、私の心を最も軽くしたのは「人生における全ての悩みは対人関係によるもの」、そして「課題の分離」です。

 

まず「全ての悩みは対人関係によるもの」について。本の中で哲人は青年に人生における悩みは全て、それがもし起こった事による相手(第3者)の反応を恐れたり不安に思ったりする事に起因していて、その出来事自体については実は悩んでいなかったりするといったような事を説いています。私はこの言葉がすごく腹落ちしたのですが、実はこの本を読んでいる真っ最中にちょうど職場で担当チーム変えがありまして。私ひとりが数字をゴリゴリ取ってくるのを善とするチームへの移動が決まっていました。現在、私の抱えている案件の進捗は思わしくなく、私がメンバーに加わる事によりチーム全体の進捗の足を引っ張るかもしれない事について、寝つきが悪くなるくらい悩んでました。この本を読む前はもちろん数字の達成というところにフォーカスして自分は悩んでいると思っていたのですが、実はそうではなくて達成できなかった時に周囲から白い目で見られたり、邪魔者扱いされるのではなかろうかといった事に対して恐れていたのだな、、、と言う事に気が付かされました。

 

そして次に「課題の分離」。課題の分離とは自分の課題と他人の課題を分けて考える事。要は自分の課題は解決に向けて自分自身が手綱を引く事が出来るが、他人の課題は自分自身ではどうしようもないという事。先ほどから述べている私が担当チーム替えで抱えていた事例で考えると、数字の達成は私自身の課題なので全力を尽くし達成に向けて頑張る事が出来るが、達成であれ未達成であれその結果に対しての周囲の反応は「他人の課題」であり、私自身アンコントローラブルのためうだうだ悩んだり不安に思っても仕方がないということ。だからこそ未達成で周囲から白い目で見られたらどうしよう。。。といったような事でうだうだ悩まずに、私自身がコントロールできる数字の達成だけに意識を集中して頑張ろう、その先の事は予測不可能だし私も積極的に介入できないんだから今は気にしないでおこう、といったように心を落ち着かせることが出来ました。

 

本当にこの本を読んでから上記のように心が軽くなり、良い意味で開き直りの境地(達成できなくて周囲にどう思われようと私そこには関与できねーししらねーww)に達する事が出来ました(笑)また他人の目や反応という観点でいくと、営業スタイルについても私は他人に受け入れて貰いやすいプロセスを踏む事を重視していて、シンプルに目標達成するという事に対して遠ざかっていたなー、周囲の目を気にするあまりになんだか複雑な行動をとっていたなー、とも反省しました。

 

日本人は昔から周囲との調和を重んじる民族であるが故に、余計に他人の目というかそういう部分が気になってしまうのでしょうね。時と場合によってはそこが私たちの強みでもあるかと思いますが、息苦しくなった時は今日私が書いた「課題の分離」を意識して、いやいやその部分私しらねーwwwと開き直って頑張っていきましょう(笑)

 

心理学などかじった事もない私ですが、通勤の片手間にパラパラと読むだけですっと頭に入ってくるような分かりやすい内容の本なので、読書が苦手な方にもぜひ読んでほしい!明日から3連休明けの仕事、しんどいですが私しらねーwwwの精神で頑張っていきましょう!ほな!!!

 

 

 

 

 

【テラスハウス】Terrace house tokyo2019-2020が過去最高シリーズになりそうな予感

こんばんは、共働き嫁のもなこです。

世間では少し前にやまちゃんと女優の蒼井優さんの結婚が話題になっていましたが、南海キャンディーズのやまちゃんと言えば、そう、テラスハウス!!!5月からテラスハウスTokyo2020がが始まっていますね。私はnertflixで視聴しており毎週火曜日が最新話の配信日なので、火曜日は1分でも早く家に帰ってテラハみたい病にかかっております。

 

そんなに内容は詰まっていませんが過去にテラハについていくつか記事を書いておりますのでお暇なときにぜひ。

 

www.workmonchin.com

 

前回シリーズの軽井沢編ももちろん全部視聴したのですが、そういえば記事を書いていない・・。シリーズ後半の女子たちのどろどろが見ごたえあったものの、全体的にメンバーの年齢も若くて、どことなくサークルの集まり感が否めなかったからアラサーの私にはあまり感情移入できなかったのよね(笑)男女ともに好きだな~って思えるメンバーもいなくて・・。まぁ軽井沢編は気が向いたらまたレビューするとしよう。

 

さてさて今シーズンのテラハですが本日(2019.6.28)現在でnetflixでは第6話まで配信されています。まだまだシリーズは始まったばかりなのですが今回のテラハめちゃくちゃ展開が早い!!wすでに恋の矢印はいろんなところで動いておりシリーズ序盤にして続きが気になって仕方ない症状が出てしまっております。こう考えると前回の軽井沢編どんだけ話の展開遅かったんだ・・・。

 

話の展開だけではなく今回のテラハは初期のシリーズを彷彿させるようなメンバーの多くが夢追い人で、みんなそれぞれの人生を模索している感じも爽やかでいい!さっそく序盤で女優の春花とモデルの翔平が仕事への価値観でぶつかっていたけれど、今回はみんな性格がサッパリしているというか根はいい奴感が漂っているので、観ていて嫌味な印象もなく良い!!!!

 

メンバーのルックスも男女ともにテラハ史上最も華があるとも言われていて本当に皆さん美男美女。そんな美男美女が織り成す恋愛模様、追いかける夢、素敵なおうち・・・、そうそうこれがテラスハウスなんですよ!!!!軽井沢編、わかったか???!!!

 

そして今回の私の推しメンはやっぱり・・・西野入流佳くん!

誰もが見とれてしまうような甘いマスク。てか名前からして王子様になることを約束されたるみたい。絶対自分の息子にはるかっていう名前つけたい。え。

 

そんな流佳くん、絶対モテるルックスをしておきながら女の子と話すのが苦手だそうで顔が赤くなってしまうんだそう。いやいや、ほんまか??第5週目には流佳くんが自ら設定した女の子苦手キャラを覆してしまうような行動が多々見受けられ、スタジオメンバーも天性のモテ男、いや悪い男なのでは?という意見が殺到してましたね。

 

youtubeで流佳くんのテラハ前入居インタビューを観ましたが、流佳くんは兄弟が多くそして一番年上のお兄ちゃんなんですね。という事は普段から下の兄弟の面倒を見る優しいお兄ちゃんで、女子に見せる人懐こい一面やワガママも聞いてあげちゃう懐の深さは、そういう彼のバックグラウンドがもたらしているものなのかもしれないな~なんて思ったりしました。てか、この顔で無条件に優しいとか女子受け抜群だろうな・・。

 

と、第5週目までは流佳くん無敵説が有望でしたが今週の最新話を観ると、あれ・・・???(笑)いや~、いつの時代も女の子って心変わりが早いし強かですな。

 

こんな感じで今シーズンのテラハは第6週目にしてかなり話の展開も早く、メンバーも華があり、アイドル的存在になれるようなメンバーもいて、爽やかで過去最高シリーズになる予感しかしてません!

 

皆さんもこれを機にテラスハウスデビューしてみてね。

ほな^^

 

 

アラサー共働き女子におすすめyoutuber

こんばんは、共働き嫁のもなこです。

 

突然ですが私は無類のyoutube好きです。facebook、インスタ、twitterなど有名どころのSNSは全てアカウントを持っていますが最近は専らyoutubeを観ている時間が圧倒的に長いです。今日はそんなアラサー共働き嫁の私が今まではまったyoutuberをご紹介したいと思います。

※最初に断っておくと本日ご紹介するyoutuberさんはほぼ全員有名どころです。私がご紹介するまでもないですが、いや、こんな弱小者がすみませんって感じですが、お暇な方は最後までご覧ください。

 

〇社会人1年目~3年目

関根理沙さんにはまりました。私がテレビよりもSNSよりも何よりもyoutubeが好きになったきっかけを作ってくれた人。社会人になってからの化粧やスキンケアはりささんに教わったと言っても過言ではない。当時は看護師とyoutuberを両立されていて、あ~普通に働きながらでも個人で社会に対しこんなにインパクトを与える事が出来るんだ~という気付きも与えてくれました。抜群のルックスとは裏腹にめちゃくちゃサバサバした性格が大好きでした。

www.youtube.com

 

〇社会人4年目~

橋本奈実さんにはまりました。奈実さんは元々ファッションブランドSLYの店長をされていて、その頃からちょっとした有名人だったそう。(SLYとかキレイ目ギャル系ブランドっぽいのに疎くて存じ上げてなかった・・)イケメンのダンナ様とご結婚もされており、上品で幸せそうなライフスタイルにとても憧れました。特に奈実さんが作るおしゃれ朝食が好きで、あこがれて真似をするもののズボラな私には3日と続かなかった・・wモデルのような見た目からは想像がつかないほど食べる事が大好きで、また同じ関西ご出身という点も親近感が湧きますね。

www.youtube.com

 

 

〇現在

そして今・・・。Haruta cya cyaさんという方のチャンネルにはまっております。お顔出しは一切されておらず、ただただ平凡な日常を切り取った感じの動画が多いのですが、なんせ癒される・・・!!!使っていらっしゃるキッチングッズなどちょっとした小物も決して高価なものではなく、100均でそろえていらっしゃる事が多いのですが、なんだかめちゃくちゃおしゃれに見えます。ひとつひとつの家事をとても丁寧に大切に行われており、私ももっと丁寧に暮らしたいな~と思わせてくれる方です。

 

www.youtube.com

 

 

たった3人の方しかご紹介してませんが、こうやってみるとその時その時私がどんな人物像になりたかったのかがなんとなく分かりますね。(メイクも仕事も全力で楽しむ!→素敵なダンナさんをつかまえてキラキラ結婚生活を送る→派手でなくても良いから日々の小さな幸せを感じられる人になる)もしかすると購入した本を古い順に並べたりしても、その時自分が抱えていた悩みや葛藤が改めて分かったりするかもしれませんね~。

 

仕事に日々の生活に・・・忙しい日々だけれど自分を見失わずになりたい人物になって、送りたい人生が送れるよう頑張るぞ!!!

 

ほな!