共働きもなこの日常

大阪在住共働き夫婦の妻です。独身の頃と比べていろいろ制限はあるけれども人生チャレンジしたい!私の自己研鑽自己満記録です。たまにおすすめ観光スポットも紹介します。

イ・ジョンソクの美しい涙に大満足できるドラマ~ピノキオ~

こんばんは。共働き嫁のもなこです。

今日も今日とて視聴し終えた韓国ドラマの感想&ご紹介をしたいと思います!

 

本日ご紹介させていただくのは・・

 

ピノキオ!!!

 

そうです、またイ・ジョンソクつながりです。これで連続3回目です。過去記事はこちらです。

 

 

www.workmonchin.com

 

ストーリー概要はかつてテレビ局からの報道被害によって一家離散まで追い込まれたイ・ジョンソク演じるチェ・ダルポ(またの名をキ・ハミョン)と、ダルポ一家を離散にまで追い詰めた報道記者を母に持ち、ひょんな縁からダルポと一緒に暮らしているパク・シネ演じるチェ・イナが、報道記者としてそしてひとりの人間として支え合いながら成長していくというストーリー。

 

いやぁ~~おもしろかった。他の方の感想を見ると結構細部のストーリーへの突っ込みが多く意外にも低評価な感じも見受けられたけれど、私的にはめちゃくちゃおもしろかったです。イ・ジョンソク見たさにチョイスしましたが終盤はドラマのストーリー自体が気になってどんどん観進めていったというような感じでした。

 

このドラマについて一言感想を述べよ、と言われると私は

 

イ・ジョンソクの美しい涙の大半は右目から零れ落ち始めるという事が実証されたドラマ

 

そう述べるでしょう。

 

何が言いたいかっていうとそれくらい出演者が涙する場面が多いんです、このドラマ。一家離散まで追い込まれたダルポが真実を知り悔しがって流す涙、自分を家族として受け入れてくれたイナ一家の優しさに触れて流す涙、兄の悲惨な状況を見て流す涙・・・。涙の理由はいろいろあれど、まぁ~~~~その涙の美しいこと!美しいこと!!!!そしてその涙の大半は右目から零れ落ち始めます。

 

パク・シネちゃん演じるイナもめちゃくちゃ可愛かった~。前回の記事では相手役に好感が持てなかったと書きましたが、今回のイナは見た目も中身もパーフェクトでした★結構序盤にイナからダルポに思いを打ち明けたので、韓国ドラマ特有の三角関係やもどかしい場面を経て晴れてカップルになるというストーリーを予想していた安直な私はかなりびっくりしました。でも序盤にイナが思いを伝えた事によって、何があってもダルポの味方でいる姿や同僚に迫られてもぶれない姿が、イナの芯が強くて真っ直ぐな性格がより一層際立って良かったです。さすがやな、韓国ドラマ。

 

www.workmonchin.com

 

またこのドラマのタイトルでもある「ピノキオ」について、イナはピノキオ症候群という架空の疾患を持っている設定になっています。その疾患とは嘘をつくとしゃっくりが出てしまうというもの。このしゃっくりが可愛いんだまた!!!そしてリアル!!!嘘をついてイナ一家と一緒に住んでいるダルポと、嘘がつけないイナ。この物語のメッセージのひとつでもある「真実」について、イナがピノキオ症候群患者という設定によって、より視聴者の心に訴えるものがあったのでは?と思います。

 

今回ラブライン色は観る前に想定していたよりかは薄かったものの、ダルポとイナが「報道記者」として、仕事人として、そしてひとりの人間として成長していく過程が非常に丁寧に描かれていました。ダルポが報道記者になったのはイナの母親を見返すためという理由が大きくて、最初は仕事に対する姿勢も一生懸命なんだけれども私情が入り勝ちだったのが、最後自分の長年の恨みや疑問を晴らす質問ではなく「報道記者」として国民が望む鋭い質問をしたシーンがとても印象的でした。ダルポが過去に決着をつけれたのと同時にもっと次元の高い人間になったんだなと思わせるシーンでした。今思い出しても胸熱。

 

ラブラインがあんまりなかったと述べたものの、ふたりの雪の中でのキスシーンは超絶美しかったのでこれだけで満足です。このシーンを観るだけでもこのドラマは価値あるかと思うので皆さんもぜひご覧になってください~

 

f:id:workmonchin:20190515195204j:plain

 なんだこれは?芸術作品か??????

※画像はお借りしました。

 

ほなまた!

イ・ジョンソクの演技の上手さを再認識した韓国ドラマ~君の声が聞こえる~

こんばんは、共働き嫁のもなこです。

GWもあっという間にあと半分になりましたね~

残り半分悔いなく過ごすためにも私は韓国語の勉強と韓国ドラマの視聴をがんばります!!

 

という事で今日も視聴した韓国ドラマの紹介(感想?)の記事を書きたいと思います!一部ネタバレ含みますのでご了承を・・。

 

本日ご紹介するのはこちら!!!

 

君の声が聞こえる

 

そう、先日観たロマンスは別冊付録の影響でまたもやイ・ジョンソク出演のドラマを選んでしまいました。だって美しいんだもの。ちょうどつい最近まで関西地方でも地上波で放送されてましたね。

 

www.workmonchin.com

 

ストーリー概要についてイ・ボヨン演じる弁護士のチャン・ヘソンと、イ・ジョンソク演じる幼いころに父親を殺害されてから人の心が読めるという特殊能力を持った高校生パク・スハの過去とそして運命が交錯するサスペンス&ラブストーリー。このドラマではイ・ジョンソクの年下男子としての魅力がまた大爆発します。ロマンスは別冊付録でも年下男子でありながらも相手役の上司でもあったので、どこか余裕な振る舞いで私たちをドキドキさせてくれましたが、今回は高校生役という事もあり幼く力不足なところもありながら必死にヘソンを守ろうと奮闘する姿が健気。好き。はい。

 

で、肝心のこのドラマに関する感想・評価なのですが、まず第一印象が「これが私の知ってる韓国ドラマだ!!」でした。2013年放送という事で少し昔のドラマという事もあってか、伏線の回収や演出(特にスハが心を読む時映像が静止するところとか)がどことなく古臭い・・。ここ最近まで私の韓国ドラマのイメージは冬ソナで止まっていたので、君の声が聞こえるはどことなく当時のドラマを彷彿させる雰囲気に感じました。そう思うとトッケビとかかなりおしゃれな雰囲気のドラマですよね。

 

そしてこのドラマについて一言で感想を述べよ、と言われると私は

 

ヒロイン(ヘソン)の性格の悪さをイ・ジョンソクの美しくそして繊細な演技がt中和してくれるドラマ

 

そう述べるでしょう。

 

私がこれまで視聴してきた韓国ドラマのヒロインって、みんな気が強くて天真爛漫だけれど根っこの部分は優しい女性で、そういうところに男性側がだんだん惹かれていくというストーリーが多かったと思います。そんなある意味真っ直ぐなヒロインの姿に感動、共感したりドラマながら私自身も見習おうというシーンも多かったと思うのですが・・・、このドラマのヒロインであるヘソンはまぁ~性格悪い!!(笑)気が強いだけではなく性格悪いwあと、ルックスはもちろん抜群に美しいのだけれど、高校生役の当時のイ・ジョンソクの相手役としては見た目的にも少し無理がある気が・・。

 

ストーリーについても先ほども述べたように一昔前の韓国ドラマといった感じが払拭できず、前評判の割には中盤少ししんどかったです。でも、それでも私が最後まで完走できたのはやはり

 

 

f:id:workmonchin:20190502214836j:plain

※画像はお借りしました。

 

イ・ジョンソク様~~~~~~!!!!

 

この時はまだ若くて線も細いですね。

 

相変わらず見た目も美しいのですが、何より演技がすごかった。びっくりしました。最初の不良少年の時と中盤の記憶喪失の時と後半の記憶が戻り人間的にすこし成長した時でそれぞれ目の色がまっったく違うんです。彼は目で魅せる俳優ですね。トラックにひかれた時や記憶が戻って鼻血を出しながら倒れるシーンもリアルすぎて圧巻です。美しい彼が身を悶えながら苦しむ姿はまじで芸術です。(変態かw)

 

イ・ジョンソクの事ばかり書いてしまいましたが、ヘソンの同僚のチャ弁護士もこのドラマでは欠かせない役割でとても良い味出してましたね。後半、スハを助けるためにドヨンに迫るところとかもめちゃくちゃ良いシーンでした。本当に芯が強い人とはこういう事を言うのだろうな、と思いました。

 

てなてな感じで前評判がかなり良かったので、それにより私の期待値も上がってしまった分、ちょっとしんどいドラマだったかな~というのが感想です。でも初心者ながらイ・ジョンソクの演技の上手さをしっかり肌で感じる事が出来たのは良かったです。そう思うとロマンスは別冊付録の時は、良い意味でかなり気を抜きながら演技してたのかな~~~??どんなイ・ジョンソクも美しいですが個人的にはこのドラマでの演技が好きです。過去のインタビューで本人も未だ両親が健在の役を演じた事がないと言っていましたが、どこか寂し気な役柄がすごく似合いますね。

 

ほなまた!!!

イ・ジョンソクの年下男子っぷりに胸キュン必至おすすめ韓国ドラマ

こんばんは。共働き嫁のもなこです。

GW始まりましたね~!!どこに行ってもたくさんの人・・だったら家にこもって観たかった韓国ドラマをいっぱい観てやろうと企んでいるもなこです。

 

ということで今日は(も?)おすすめ韓国ドラマを紹介したいと思います!!

 

今日紹介するのはNetflixオリジナル ロマンスは別冊付録!!!

 

ちょっと大きな声に出すのが小っ恥ずかしくなりそうなタイトルのこのドラマ。主演はイ・ナヨンとみんな大好きイ・ジョンソクです。眺めているだけで自然にありがとうございますと言いたくなるくらい美男美女。

 

f:id:workmonchin:20190427191959j:plain

※画像はお借りしました。

 

このドラマの感想を一言で述べよと言われると・・・

 

一石二鳥なドラマ

 

私ならそう答えるでしょう。

 

前半はイ・ナヨン演じる夫に浮気され捨てられたカン・ダニが、どん底から這い上がろうとする姿を観る事ができ、決して綺麗事だけではない痛々しい場面もありつつ、でも常に前向きなダニの姿に働く女子なら誰しも感動・共感できるはず。そして後半はイ・ジョンソク演じる、ダニの事をずっと密かに思い続けていた年下の幼馴染、今はイケメン売れっ子作家兼出版社編集長のチャ・ウノがただただかっこいい、ただただ胸キュン、ただただ可愛い・・・そんな2つの感想や感情が沸き起こるなんともコスパが良いドラマです。

 

ところでイ・ナヨンって初めて見ましたがあのウォンビンの奥様なんですね!!私に第一次韓国ブームを起こした男、ウォンビン。とてもお美しい方です。なんとなく柴咲コウに似てる?って思ったけど、森尾由美にも似てる気がする。

 

www.workmonchin.com

 

このドラマを通して前回のドラマ紹介の記事にも書きましたが、働く女性の生き辛さって日本も韓国も似てるんだな~と再度感じることとなりました。

 

ダニはもともと高学歴で大手広告代理店に勤めていましたが、結婚・出産を機に専業主婦に。離婚した事によりまた正社員になるべく面接を受けますが、キャリアにブランクがある事を理由に悉く惨敗。なんとかウノが勤める出版社で契約社員として働く事になるものの、配属先は雑用メインの業務支援チーム。う~~ん、世知辛い。

 

物語の前半でダニが、私も別に怠けていたわけではなく立派に主婦として働いていたのに・・という感情を抱く場面と、会社の会議で幹部陣が一生懸命議論する姿を見て、私が主婦の間にこの人たち(幹部陣)はこの人たちが全うしなくてはならない責任を果たすべく頑張っていた、だからブランクがある私とは業務内容やポジションに差があって当たり前だ、と納得する場面があるのですが、どちらもめちゃくちゃ共感できます。難しいですよね。過去の実績から今後のポテンシャルを評価するのか?それとも、継続して業務を続けた事による経験値を評価するのか??う~~ん。

 

そんなある意味理不尽と言える境遇の中でも決して他責にすることなく、落ち込む事はあっても前向きにまた何度もチャレンジするダニの姿を見て、ドラマとは言え私も会社員として見習わなくてはならないな~と思いました。そんな強く逞しいダニの姿にウノはずっと惹かれていたのでしょう。

 

ウノは酔っぱらうとダニが家族と暮らす家に行ってしまうという癖がありました。楽しそうな笑い声が聞こえる日もあれば、夫婦喧嘩の怒号の後に涙を流しているダニが玄関先でひとり佇む日も。そんなダニの姿をウノはいつも陰からそっと見守っていたのでした・・。く~~~~~~~~~!!!!切ない!!!!!!それ以上にうらやましい!!!!!(笑)

 

 

 

ウノのダニを見守る男らしい姿と時折見せる年下男子特有の可愛さみたいなものが、ドラマの後半炸裂します。まじで炸裂します。覚悟してください。ちなみに私はリアルに胸キュンしすぎてドラマの後半はほぼ呼吸してません。それくらいの胸キュンです。

 

ビジュアル抜群のふたりが主演だったというのもありますが、このドラマは出版社が舞台という事もあり表現が時折文学的で、それにより一層美しい物語になっていたなと思います。相手の事を「本」に例えるところなんて素敵すぎて・・。私もイ・ジョンソクの本になりたい。

 

しっかりとしたメッセージ性みたいなものも感じられるドラマでありながら、かといって小難しい内容でもないので、気軽に楽しくさわやかな気持ちで終始鑑賞する事が出来ました。

 

めちゃくちゃおススメ。ぜひ観てください★

 

 

おすすめ韓国ドラマ ゴハンいこうよ1~BEASTドゥジュンに恋をし女性の生き方についても考えたドラマ~

こんにちは。共働き嫁のもなこです。

韓国ドラマ ゴハンいこうよ1を鑑賞し終えたので今日はその感想を記事にします。細かいストーリーには触れないのでネタバレはしないつもりですが、まだご覧になられていない方でまっさらな状態で視聴を見始めたい方はご注意ください!その他おすすめ韓国ドラマはこちらです。

 

主役は清純派女優として有名なイ・スギョン。(ちなみに役名もイ・スギョン)そしてBEAST現HIGHLIGHTのリーダーであるユン・ドゥジュン(役名はク・デヨン)登場人物たちがめちゃくちゃ美味しそうにゴハンを食べる姿が印象的なこのドラマ。韓国では飯テロドラマとしてまずまずのヒットといったところだったらしい。でもその後シーズン3までドラマが続いている事や脚本の面白さからするともっと人気だったんじゃないかと個人的には思ってます。美味しいゴハンをキーに繰り広げられる人間ドラマに共感したりキュンキュンしたり、観やすくて本当に面白いドラマでした。おススメ。

 

ヒロインのイ・スギョンは食べる事が大好きなバツイチアラサー女性。ご覧頂いたらすぐ分かるように抜群の美人なのに、頑固さや素直じゃないところが玉に瑕な感じ。日本でもバツイチアラサー女性って特別な目で見られてしまいがちかもしれないですが、ドラマを観て韓国は日本以上にそういうところに敏感なのかもしれないなと思いました。(もちろんドラマだから誇張している部分や個人にもよるとは思いますが。日本以上に家族に関する事は保守的なのかな?といった印象を受けました。)

 

私的に一番印象に残っているシーンが、スギョンが勤めている法律事務所のキム弁護士からのよく分からない意地悪な仕打ちに耐え切れず、思い切って辞表を出してしまう場面。そしてその後ひとりでバスに乗り込み、今まで耐えていたものが一気に流れだし涙が溢れ出してしまうシーン。分かるよ、分かる!!!社会で働く女性って、仕事以外の部分も評価されがちですよね。スギョンも上司からの執拗な仕打ちだけではなく、バツイチで独身そしてアラサーという仕事とは全く関係のない個人のバックグラウンドに対し、あれこれ言われることに疲れたという事もあったのでしょう。

 

スギョンと同じ境遇ではないにせよ、働く女性って誰しもこの場面に近しい経験をしたことがあるんじゃないかとこのシーンを見て思いました。例えば未婚か既婚かといったこともだし見た目やよく分からない女性らしさであったりだとか、そういう女性はこうあるべきだ像を周りから押し付けられて、ある日ふっと疲れが一気に押し寄せる経験。私は別にフェミニストでもなんでもないのですが(笑)、女性ってみんなどこの国でも歯を食いしばって生きてるんだな~と謎の深い読みをしてしまったシーンでした。

 

そんなスギョンと最初は対立しつつも徐々に仲良くなるデヨンもかっこよかった~。最初は何とも思っていなくても、だんだんかっこよく見えてきて終盤はファンになってしまうという韓国ドラマあるある現象に陥ってしまいましたw一見押しが強くて自分勝手と思ってしまいそうなんですが、デヨンは筋の通った優しい良い男でしたね。保険のトップ営業マンという事もあり鬼コミュ力にも驚かされました。このあたりはまた自分なりに分析した記事書きたいな・・。

 

スギョンやデヨン以外の登場人物もみんなしっかりキャラが立っていたおかげでドラマ全体が面白く感じられたのはもちろん、ストーリーも分かりやすく観やすい流れに感じられました。(トッケビが伏線回収型の少し難しいドラマであったがゆえに余計にw)

 

そして最終話に出てくるみんなでゴハンを食べていた食堂に貼られていた詩の内容に感動!まさにこのドラマの真髄というか、製作者が伝えたかった事が詰まっているような気がします。人生は自分で消化していくしかないんですよね。まさにその生き方をしていたのがデヨンで、スギョンも最初は自分が置かれた境遇や年齢を盾に殻に閉じこもっていたのが、デヨンと打ち解けるにつれ徐々に殻を破る事ができたのではないのかと思います。

 

最後にこのドラマを観終えたあと、私は案の定デヨン役のドゥジュンに恋をし、BEASTの曲を聴きまくる毎日を送るのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強のモチベーションアップのために生野鶴橋のコリアンタウンに初上陸した話

こんばんは。共働き嫁のもなこです。

先週末は暖かい天候だったのに今日はとても寒かったですね。

 

さてさてこつこつと韓国語の勉強を続けている私ですが、そのモチベーションアップ(?)のために、人生初生野コリアンタウンに行って参りました~(今さらw)

ちなみに私、コリアンタウンはさることながら韓国にも仁川空港にトランジットで降り立ったことしかありません。そんな私が今年に入って急速に韓国好きになった理由はこれらの記事に書いています。お暇なときに読んで頂けると嬉しいです。

 

workmonchin.hatenablog.com

 

workmonchin.hatenablog.com

 

 

コリアンタウンって電車に乗って鶴橋駅らへんからちらっと見えるアーケード街だけじゃないんですね。私は大阪環状線桃谷駅から住宅街を10分くらいかけて通り抜けてたどり着きました。

 

f:id:workmonchin:20190410203500j:plain

 

か、かんこく~~~~!!!(行ったことないけど)

この御幸通商店街がいわゆるコリアンタウンなんですね。びっくりするくらいの人の多さだったのですが特に女子高生が多かった。今の韓国ブームは若年層に特に人気なんですね、だってBTSとかかっこいいもんね、わかるわかる。

 

とりあえず美味しいものを食べ歩きしよう!!って事がこの日の目的だったので、まずはインスタでもネットでも名前をいたるところで見かけた徳山商店さんに訪れました。

キンパとチヂミを注文しましたが、お、、、おいしい、、、、。今までチヂミってよく行く大衆居酒屋で出されるものしか食べた事がなかったのですが、本場のチヂミってこんなに美味しいんですね。なんだこの味の奥深さは・・・。ちなみに私はこのチヂミの味が忘れられず2週間後早朝にまた徳山商店さんを訪れましたw早朝はまだ人通も少なくて、店のイートインスペースで頂く事にするとおまけで自家製キムチもついてきてお得でした。

f:id:workmonchin:20190410204615j:plain

 

次に美味しいキムチを買ってかえろう!という事でキムチ屋さんを探していると成田商店さんという店の前に大勢の人が並んでいるではありませんか!店頭にはたくさんの珍しい見たこともないようなキムチがたくさん!!

 

f:id:workmonchin:20190410204935j:plain

 

基本的にはワンコインで買えるものが多いのですが、海鮮系のキムチは1000円以上だったりします。私が購入したのは長芋となまこ!!どっちも大好物です。さっそく家に帰って頂きましたが、このキムチも先ほどのチヂミと同じく味わいの奥深さに悶絶。キムチのタレ?ソース??が海鮮っぽい風味になっていて、辛さの中に程よい酸味もありあっという間に全部食べてしまいました。

 

この成田商店さんのキムチの味は独自のものらしく、中には韓国の方もわざわざ購入されることもあるそう。お取り寄せもできるみたいです!!

 

その他食べ歩きの定番のトッポギやチーズハットクも楽しみ、日本にいながら本場韓国を感じた一日になりました。ますます韓国いってみたいぞ・・にやり。

 

そういえば私が韓国語の勉強で参考にしているyoutuberの留学生じんさんも生野鶴橋コリアンタウンに訪れていましたね。新大久保よりも韓国っぽいらしい!!

 

www.youtube.com

社会人独学での韓国語マスター記録~韓国語は発音が難しいですね~

こんばんは。共働き嫁のもなこです。

めっきり春らしくなってきましたが朝晩はまだまだ冷えますね~

 

さて今日は私の韓国語の勉強状況についてお届けします。

前回、参考書とyoutubeでハングルをマスターした記事を書きました。

 

workmonchin.hatenablog.com

 

今はこちらの参考書で初歩的な文法を勉強中です。

f:id:workmonchin:20190331214902j:plain

 

 

 

本当にまだ初歩の初歩なのでこれからどんどん難しくなっていくのだと思いますが、今のところ文法が日本語と似ているのでそのあたりの苦労は少ないのですが、やっぱりまだまだハングル文字に慣れません。一文読むのにかなりの時間がかかってしまいます・・。あとは発音も難しいですね~日本語にはない音が多いので聞き取るのも発音するのも難しい。でも韓国語能力試験を今後受けるとかになってくるとリスニング対策も頑張らなきゃなのでちょっとづづ慣れていこう・・。

 

というか今使っているこの参考書、レッスン7くらいから爆裂に難しくなっているような気がします。明らかに文章の文字も小さくなってるしCDの音読の速さも早くなっている・・。今まで1レッスン2時間くらいで一通り終えていたのですが、レッスン7からその倍近くの時間がかかっています。普段の仕事の忙しさに波や出張もあるので、特に1日の最低勉強量みたいなものは設けていないのですが、もう少しペースアップして勉強を進めていきたいなといったようなところです。

 

あとはまだあんまり使っていないけど単語に関してはキクタンも購入して対策しようとしています。英語を勉強していた頃、この手の単語帳みたいなものは購入した事がなかったのでなんだか新鮮な感じです。英語については単語帳を使って単発で単語を覚えるよりも、たくさん長文を読んでその中で知らない単語を調べて覚えるというスタイルが自分には合っていたのでそうしていましたが、韓国語はまだまだ文章を読むのに時間もかかりそうなので単語帳を購入しました。キクタンってリズムに合わせて単語を覚えていくんですね~これは覚えやすそう!!

 

まだまだ全然韓国語も喋る事ができないし試験に受かった訳でもないので誰の参考にもならない記事ですが、自分のモチベーションアップと日々の自己研鑽の記録として今後も学習の進捗状況についてはたまにお伝えできればと思います。

 

では、さよならです~~

京都観光なら丹後地方がおすすめ!~隠れ癒し穴場スポットの宝庫~

 連日しつこいくらい韓国関連の投稿が続いていたので、今日は先日京都にお出かけしたのでその様子をお届けできればと思います~^^

 

workmonchin.hatenablog.com

 

workmonchin.hatenablog.com

 

京都といっても訪れたのは市内ではなく、天橋立や伊根といった丹後地方に行ってきました!京都市内は最近インバウンド拡大で外国人観光客の方がかなり増えましたよね。それだけ外国の方が日本の事に興味を持って下さっているという事で嬉しい反面賑やかすぎてちょっと疲れちゃう・・。京都らしい寺社仏閣はやっぱり市内がメインですが、丹後地方は賑やかな喧噪から離れてゆっくりしたい、癒されたいそんなあなたにお勧めです!!大阪市内から車で約2時間半でそんなに遠くないですし!

 

あと私は前世が天橋立の人だったのではないかと思うくらい、丹後地方に来ると穏やかな気分になれるんですよね・・。あんまり前世とかスピリチュアルとか信じてないんですけどね。

 

そんな私が前世とかパワースポットとか言っちゃうくらいなんだから、やっぱり丹後地方には何か神聖な力があるんでしょう!!たぶん。

 

f:id:workmonchin:20190324204158j:plain

 

よく考えると海に突然こんな一本道みたいなものがあるって不思議。

というか海水で道に植えてある松とか木は枯れないのかな??

 

f:id:workmonchin:20190324204225j:plain

 

昨年夏に訪れた時は天橋立の砂浜にはたくさんの海水浴客がいて賑やかでしたが、この時期は浜辺にいる人々もまばらです。波の音が心地良い。ぽかぽか陽気で自然に癒されるとはまさにこの事か!!

 

これだけでも十分癒されているのですが、この日はもっともっと癒しを求めに天橋立から車で約30分ほどのところにあるカフェに行って参りました!その名もイネカフェ!

 

f:id:workmonchin:20190324204804j:plain

 

舟屋で有名な伊根湾を眺めながらのんびり美味しいコーヒーやケーキを頂けるという夢のようなカフェ。想像しただけで癒されますよね??

 

インスタ映え必至のスポットにも関わらず、車がないと来る事が難しいからか店内は適度なお客さんの数で、めちゃくちゃのんびり過ごせました。

 

店内はセルフサービスになっており、レジで好きなドリンクやコーヒーを注文した後、2階に上がり穏やかな伊根湾を眺めながらカフェを楽しむといったような感じになっております。

 

f:id:workmonchin:20190324205343j:plain

 

私は紅茶とシフォンケーキを注文。シフォンケーキは米粉で出来ており、しつこくなくペロリと食べてしまいました。静かで眺めもよくてケーキも美味しくて、、ここは天国だろうか??

 

本当丹後地方は穴場スポット多しなのでめちゃくちゃおススメなのですが、この穏やかさを保ち続けてほしいというような気もするなぁ~。というかこの日も数名外国人の方を見かけたけどどうやってここまで来たんだろうか。魅力たっぷりの丹後地方、もっとみんなに知ってほしいな~。